アスパラガスを食べて大人ニキビの大敵ニコチンを解毒する。

タバコを吸いながらもできる限り大人ニキビを予防しよう。

タバコは百害あって一利なし、大人ニキビに与える悪影響を紹介

 

部位別大人ニキビ

 

タバコはニキビにさまざまな悪影響をあたえる。

 

タバコは百害あって一利なしと言われます。みなさん体に悪いことは十分認識していながらも禁煙できないのです。
禁煙できないあなたへ!タバコがニキビに良くない2つの理由を教えます。

 

喫煙者と聞くとなんとなく男性のイメージをいだきがちですが、現代社会に働く女性にとり、ストレス解消や食欲抑制のため喫煙する女性は思ったよりも多いのが実情です。

 

なかなかタバコを手放せないと嘆くあなたですが、大人ニキビで悩んでいるのであれば禁煙を目指すべきです。

 

タバコがニキビに良くない理由1: ビタミンCの破壊

 

タバコを吸うだけで、体内のビタミンCを大量に破壊すると言われます

 

タバコにはニコチンという成分が含まれ、喫煙によって血中に行き渡ります。1本のタバコに含まれるニコチンで体内に蓄積されたビタミンCが25mg〜100mgが破壊されるのです。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、ただでさえ体外へ排出されやすいのに、タバコを吸ってますますその量を減らすことは自殺行為ですね。

 

なお成人はビタミンCの摂取が1日に50mg程度必要とされていますから、たった1本のタバコで、いかに大量のビタミンCが破壊されるかがお分かり頂けるでしょう。

 

ビタミンCは代謝機能には欠かせない成分です。また活性酸素を除去する働きの抗酸化物質が含まれています。

 

喫煙によってビタミンCが破壊されると、ニキビが炎症を起こし悪化しやすい状態になり、赤ニキビの予防や黄ニキビへの進行防止に影響するとともに、肌の老化を一気に早める危険性が生じます。

 

さらに、喫煙は真皮細胞の奥にあるコラーゲンの生成を妨げ、凹凸(クレーター)のニキビ跡にも悪影響を及ぼします。

 

タバコがニキビに良くない理由2: 血管の収縮作用

 

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があります。

 

このためタバコを吸うと血管が収縮してしまい、血液の流れがものすごく悪くなってしまうのですね。血液循環が悪化すると、肌細胞への栄養や酸素の供給が減り、肌細胞の働きが悪くなります。

 

肌のターンオーバーの乱れにより、肌の角質層に古い角質や垢が蓄積しやすくなり、毛穴に皮脂や汚れがつまり、ニキビの原因となっていきます。

 

血液循環の悪化により、免疫細胞が体の各部へと届きにくくなります。細菌やウイルスと戦うリンパ球や白血球の減少で、ニキビの炎症・悪化を進める原因となります。

 

喫煙者がニキビを予防する3つの方法

 

ニキビの改善や予防を考えれば、禁煙がベスト選択であることは明白ですが、禁煙ができなくてみなさん悩んでいるわけです。

 

私の友人のヘビースモーカーも、「タバコ無しでは1日も過ごせない、禁煙などすればストレスで顔中ニキビだらけになる」などと好き勝手言っています。

 

なかなかみなさん禁煙難しそうなので、喫煙者の方のために「タバコを吸いながらも、できるかぎりニキビ予防する方法」の3つのポイントを伝授することにします。

 

とにかく必死にビタミンCを摂取する

 

部位別大人ニキビ

タバコがビタミンCを破壊する以上答えは簡単、それ以上に摂取するのです。ただし、1日にあなたが10本タバコを吸っているならば、1本でも少なくし9本、8本と減らす努力を併せて行ってくださいね。

 

通常1日のビタミンCの摂取量は90mgが理想といわれます。喫煙者の場合には125mgに目標値が上がります。

 

もちろん食事から摂ることが基本となりますが、毎日125mgのビタミンCの摂取は正直困難であると私は考えます。
ではどうすれば良いか?

 

答えはサプリメントを補助として食事と併用して摂取することです。

 

タバコを止められないのであればビタミンCのサプリメントを飲めです。

 

おすすめのビタミンCのサプリメントを紹介しておきます。

 

ナチュレサプリメント社のロングキープ・ビタミンC(新型ビタミンC+ローズヒップ)

 

8時間以上も体内で維持できる「新型ビタミンC(AA-2G)」を配合。(通常のビタミンCは2時間後には血中に存在しない)
相性抜群のローズピップを配合しビタミンCの吸収をサポート。

 

香料や着色料、保存料等、体に不要となる添加物は一切使用しない完全無添加
体内で溶けやすく体に優しい植物性で溶解性の高いHPMCカプセルを使用

 

以上の内容から、圧倒的な評価でおすすめ商品としました。

 

<製造元>ナチュレサプリメント
<商品名>ロングキープ・ビタミンC

 

 

 

 

基本は食事からですのでビタミンCを多く含む食品を紹介します。
少しでも多く摂取してください。

  • パプリカ(赤)
  • パプリカ(黄)
  • ゆず(果皮)
  • 芽キャベツ
  • パセリ
  • せん茶
  • キウイフルーツ

 

アスパラガスを食べましょう

 

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

 

ニコチンの解毒作用があると言われている食べ物があります。

 

ニコチンの解毒作用の代表食品がアスパラガスなのです。
ニコチンを解毒する作用(ニコチンをメチルニコチンにする)があると言われています。ニコチンをメチル化することで、ニコチンが無毒化されるんですね。
アスパラガスはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのビタミンを豊富に含んでいます。

 

他のニコチンの解毒作用があると言われている食べ物は以下のとおりです。

  • 松葉
  • 味噌
  • 大根

 

この他にも肌の健康に不可欠なミネラル・ビタミンを摂取しましょう。

 

ビタミンC以外にも不足すればニキビの原因になりうる栄養があります。

 

ミネラルではカルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄。特に、肌の新陳代謝を活発にする亜鉛は不可欠です。
ビタミンB群の摂取がニキビ予防には大切。中でもビタミンB2・B6不可欠です。

 

せめて「寝る前の一服」は止めましょう

 

部位別大人ニキビ

 

タバコを吸うタイミングに気をつけることも、ニキビ予防へとつながります。
「寝る前の一服」は止める。
睡眠はニキビ防止の重要な要因です。
ニコチンには覚醒作用があるため、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなる危険性があります。睡眠の質の低下はレム睡眠を招き成長ホルモンの分泌が少ないので、ターンオーバーが起こりません。
ニコチンの血管収縮作用は血流を悪化させます。このため、就寝中の肌の再生が妨げられ、ニキビができやすくなります。

 

なかなか禁煙は難しそうですが、最後に禁煙のメリットを紹介して終わりにします。

 

禁煙のメリット

  • ニキビができにくくなる。
  • 肌の色が明るくなる。
  • 肌のシミ、たるみ、しわができにくくなる。
  • 飯が美味くなる。
  • 朝の目覚めが良くなる。
  • 睡眠不足が解消される。
  • 毛穴が開きにくくなる。
  • 肌の潤いが増す。
  • 毛穴の黒ずみや皮脂のつまりなどが改善される。
  • 免疫力が増える。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事