生理前ニキビの原因を知り、具体対策でニキビを抑える

生理前ニキビの原因と予防法を紹介

生理前ニキビには、女性ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

 

生理前には、お腹が痛くなったり、ホルモンバランスの乱れも影響し、ただでさえ気分がブルーになり憂鬱に陥ってしまいがちです。
そこに更に、ニキビの追い打ちがかかれば、全くやりきれませんね。
しかもそのニキビ、あごや口周りやおでこなどに一気にプツプツとできてしまう。

 

これは皮膚の薄い箇所がニキビになりやすいからなんですね。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)

 

生理前にニキビができやすくなるのは、プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンバランスが乱れるからです。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

このホルモンがお肌の天敵です。
男性ホルモンとよく似た作用があり、ニキビの原因アクネ菌の大好物である皮脂をどんどん増加させます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えればニキビができやすくなります。
プロゲステロンは悪魔と覚えておきましょう。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

こちらは美肌ホルモンと呼ばれます。
美肌の味方。バリア機能を高めてくれます。またコラーゲンなどの生成を促進させたり、肌の水分量を増やします。
エストロゲン(卵胞ホルモン)が増えれば、お肌がうるおいます。
エストロゲンは天使と覚えておきましょう。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

悪魔

部位別大人ニキビ

エストロゲン(卵胞ホルモン)

天使


部位別大人ニキビ


 

印象バッチリ、プロゲステロンエストロゲンどちらがニキビの敵か味方かお覚えましたよね。

 

  • プロゲステロンは「高温期」、基礎体温が上昇する排卵が終わってから次の生理が始まるまでの2週間に多く分泌されます。
  •  

  • エストロゲンは「低温期」、基礎体温の低い生理が始まってから排卵までの2週間に多く分泌されます。

 

このように生理前にプロゲステロンの量が増加し、エストロゲンが減少するため、生理前にニキビが悪化するのです。

 

部位別大人ニキビ

 

生理前ニキビの予防対策

 

原因がホルモンの乱れのためとはっきりしているので、少しでもホルモンバランスが良くなるように努めます。

 

生理前にホルモンバランスが乱れるのは、女性の体の仕組みで仕方の無いことです。
しかし乱れ幅を改善することは可能です。
少しでもホルモンバランスの乱れを整えるとともに、ニキビを抑えるようにしておきましょう。

 

生理前ニキビの4つの予防策

 

1.化粧品の使い分け

 

これは私の従姉妹が実際にやっている方法です。
結構多くの方が行っているかも知れませんね。

 

従姉妹がいうには普段は大丈夫なんだけど、生理前だけニキビができちゃう。
本来は生理前ニキビができやすい人は、敏感なお肌の持ち主が多く、普段もニキビに悩まされがちだが生理前は一層ひどいという方が多いのではないでしょうか。

 

特にひどい生理前ニキビに備えて、2週間程度でも肌に優しく有効な保湿成分がたっぷり入っている化粧品にチェンジするのは有効な手段です。

 

市販の商品と比較してどうしても値段がリッチになってしまいますが、効果はあります。

 

私の従姉妹のように、既にチェンジ用のリッチ化粧品を持っている人は問題ありませんが、これから対応しようという人の場合、商品選定に頭を悩ますかも知れませんね。

 

こういう時のおすすめが、トライアルセットです。
今は各種のスキンケアニキビ化粧品にトライアルセットが用意されています。

 

値段も1,000円代程度と手頃なものが多いので安心です。
そして何よりお肌は千差万別。
実際に使用してみないことにはあなたに合う化粧品かどうかが分かりません。
このため高い本商品をいきなり買う危険性を削減するメリットがあります。

 

当然市販の安価な化粧品とは有効成分に大きな違いがあるので、効果の差は大きいです。
私の考えでは生理前ニキビに悩む人は、普段からある程度ニキビに悩んでいると思います。私の従姉妹のような人は稀だと思うんですね。

 

だから本音をいうと、もし有効なあなたに効き目がある化粧品が見つかれば、これを機会に市販の化粧品は止めて、リッチ化粧品にチェンジするのが、生理ニキビで悩む人の場合有効と思います。

 

それでは参考にお肌にやさしいおすすめの化粧品のトライアルセットを紹介します。

 


 

上記2商品であれば肌にやさしく、どなたでもおすすめできる人気の定番化粧品です。

 

2商品の体験レビューを見て見る。

 

なお、化粧品のチェンジのみならず、ファンデーションなども肌に負担の少ないミネラルファンデーションにチェンジするのがおすすめです。

 

2.栄養バランスに注意

 

ニキビ対策にビタミンを摂取するのは有効です。

部位別大人ニキビ

 

おすすめビタミン
  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ビタミンA

肌のターンオーバーを活性化させ周期を正常化します。
皮膚や粘膜の働きを良くして免疫を高めます。
ビタミンAが多く含まれる食べ物
牛肉、豚肉、鶏レバー、うなぎ、とうがらし、ほうれん草、卵

 

ビタミンB群

ビタミンBには8種類のビタミンが存在。
脂質代謝によりアクネ菌の繁殖を押さえます。
肌のバリア機能をアップしたり、ターンオーバーを促進します。
ビタミンB群が多く含まれる食べ物
マグロ、豚肉、うなぎ、牛レバー、納豆、にんにく、とうがらし、しじみ

 

ビタミンC

肌の維持に必要なビタミンで弱くなっている肌を守ります。
エイジングケア、美白といったトータルケアに有効。
ビタミンCが多く含まれる食べ物
パプリカ(赤・黄)、ゆず、パセリ、芽キャベツ、ゴーヤ、キウイ、いちご

 

ビタミンE

女性ホルモンの増加を促す効果があり、ニキビの出来にくい理想的なホルモンバランスを維持します。
ビタミンEが多く含まれる食べ物
あんこうのきも、すじこ、モロヘイヤ、だいこん(葉)

 

食事からバランスよく、ビタミンを摂取することは困難です。
サプリメントを利用するのが有効でおすすめです。

 

最近ではニキビに効く、ニキビ専用サプリが人気です。
ビタミン摂取の手段として活用しましょう。

 

バランスのとれたビタミンが摂取でき、ニキビ改善に効果があるサプリメントの「きらりのおめぐ実」を見てみる。

 

きらりのおめぐ実の体験レビューを見てみる。

 

 

栄養に関する関連記事はこちら

 

3.ストレスを発散する

部位別大人ニキビ

ストレスをため込まないようにしましょう。

 

ストレスはホルモンの分泌に影響を与えます。
エストロゲンはストレスが生じると分泌量が減るといわれています。

 

またストレスにより男性ホルモンの分泌量が増えます。
女性の人に男性ホルモンといってもあまりピンとこないかも知れませんが、女性も男性ホルモンを持っているのです。
体内の男性ホルモンが増えることでニキビができてしまいます。

 

ストレス発散方法を手に入れておきましょう。

 

  • 一人カラオケをする
  • 思いっ切り寝たり、だらだらする
  • 好きな映画を見まくる
  • 大笑いする
  • バカ騒ぎする
  • ジムに通い汗を流す

 

どんな方法でもいいので、あなたなりのストレス発散方法を習得しておくことは有意義です。

 

ストレスの関連記事はこちら

 

4.良質な睡眠をたっぷりとる

 

部位別大人ニキビ

睡眠不足は女性ホルモンを乱します。

 

睡眠とホルモンは深い関係にあります。
睡眠時にでるホルモンも多いのです。

 

ただし唯寝るだけでは効果は弱く、良質の睡眠をとる必要があります。

 

良質の睡眠をとる十分にとることで、ホルモンバランスの乱れをただし、
悪魔のプロゲステロンの量を減らし、
天使のエストロゲンの量を増やすことが可能となります。

 

質の良い睡眠をとる方法

 

  • 眠る前の激しい運動は控える
  • 寝る直前までスマホやPCをいじってブルーライトを浴びない
  • 寝る前の3時間以内に食事はとらない
  • 静かな状態で寝る
  • 雨戸を閉めて真っ暗にして寝る
  • 夏場は前もってエアコン設定で室内温度を快適にしておく

 

ちょっとした工夫で良い睡眠がとれますので、試してみてください。

 

良い睡眠をとるための関連記事はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事