ルナメアACはニキビ跡に効果があるのか?

ルナメアACのニキビ跡への効果を紹介します。

口こみでルナメアACを使ったがニキビ跡に効果がないとの声が聞こえます。
真実はどうなのか?

 

今回はルナメアACのニキビ跡効果への疑問に対してお答えします。

 

そもそもニキビ跡とはどんなものなのでしょう。

 

部位別大人ニキビ

 

しつこい大人ニキビがやっと治り、ほっとしたのもつかの間、ニキビが治った肌に残ってしまった症状それがニキビ跡。
クレーターのようなデコボコした跡や、赤い色素沈着がシミのように沈着してしまったもののことです。

 

ほんと泣きたくなりますね。
赤ニキビなど炎症したニキビに刺激を与え、悪化させてしまった場合など、ニキビ跡が残ってしまう危険性がアップします。

 

ニキビ跡はニキビを悪化させた後に残る症状だけあり、非常にケアが困難です。
でもニキビ跡に特化したニキビ製品もありますし、当然ケアする有効成分があります。

 

そこでルナメアACの成分を調べてみると、残念ながらこれらの有効成分はほとんど配合されていません。

 

この結果からルナメアAC自体にはニキビ跡を治す効果がないということがいえます。
やはりルナメアACはニキビ跡に効果がないとの口コミは本当だったようですね。

 

なんだルナメアACってたいしたことないんだなどと勘違いしないでください。
決してルナメアACがニキビケア商品として悪いという問題ではありません。

 

ニキビケア商品はニキビのどんな症状に対して治療するかを考えて作られています。
ルナメアACは、あくまで大人ニキビの予防とケアに特化したスキンケア製品であり、この方面ではすばらしい効き目を持った製品なのです。
だからこんなにも人気があるわけです。

 

ニキビ跡のケアをする目的で作られたものではないから、ニキビ跡に効く成分が配合されていない。従ってニキビ跡には効果がないのです。

 

ニキビ跡を何とかしたいのが目的であれば、ルナメアACではなく、別のブランドのニキビ跡治療に特化したスキンケア商品を使用するべきなのです。

 

いくらでもニキビ跡に効く優秀な商品がたくさん販売されています。

 

それではルナメアACの成分とはどのようなものなのか、代表的な成分とその役割を見てみます。

 

成分

効果

グリチルレチン酸ステアリル

抗炎症作用
トコフェロール酢酸エステル 脂質の抗酸化作用
天然ビタミンE 肌荒れ防止
大豆リン脂質 保湿
グリセリン 保湿・肌柔軟

 

成分を調べればその製品のニキビ治療の目的が一目瞭然で分かりますね。

 

ルナメアACの主成分はニキビの炎症を抑え、肌の保湿、調子を整えるものです。
ルナメアACは、ニキビ跡を治す目的でなく、ニキビの予防や早期治療を目的にしているわけです。

 

ニキビ跡治療

 

最後に少しニキビ跡治療について紹介します。

 

凸凹タイプのクレーター型のニキビ跡は特に治すのが困難です。
市販の化粧品ではまず効果は期待できないのが正直なところです。
特化した占用製品もありますが、化粧品でクレーター型のニキビ跡を治すことはとても困難です。
このため治すのでなく、目立たなくさせることに重点を置いた化粧品も多くあります。

 

凸凹タイプのクレーター型のニキビ跡を治そうと思えば、専門の医療機関にかかる必要があります。
ただし皮膚科でも短時間治療は困難です。

 

美容クリニックであればケミカルピーリンやグレーザー治療を実施してくれます。
しかし時間は半年以上、費用も数十万円(治療は基本的に美容目的となり、健康保険が適用されず自費治療になるため治療費は高額)にもなってしまいます。

 

ニキビ跡ケアの関連記事はこちら

ニキビ跡(痕)対処法
ニキビ跡を消すカバーメイク法!

 

 

 

関連ページ

ルナメアACの価格や有効成分、評判(口コミ)などまとめて紹介
ルナメア ACを価格や有効成分、評判(口コミ)、コスパなどについて簡単にわかりやすくまとめて紹介します。さらに1週間のトライアルセットの効果を知る3つのポイントを紹介。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事