大人ニキビの特徴を知り思春期ニキビとの違いを理解する

大人ニキビと思春期ニキビの特徴の違いを紹介

部位別大人ニキビ

 

大人ニキビと思春期ニキビの特徴の違いを比較してみましょう。

 

思春期ニキビ

 

思春期ニキビは中学生、高校生などによくみられます。
思春期ニキビの原因はホルモンのバランスが崩れることです。

 

ホルモンのバランスの崩れは、成長過程での問題のため、ある意味防ぎようのないニキビであり、多くの人が思春期ニキビを経験してきています。

 

そして成長過程である十代が終わると思春期ニキビは収まっていきます。

 

大人ニキビ

 

大人ニキビは20代以降に見られるニキビです。

 

主な原因が、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 栄養バランス
  • 乾燥肌
  • ホルモンバランス

など
多くの要因が取りざたされていますが、本当にはっきりした原因は不明です。

 

大人ニキビのピークは30代前半

 

大人ニキビの全盛期は30代前半といわれ、主な原因は以下のとおりです。

 

  • 皮脂量が最も多くなる
  • 20代より体力や抵抗力が落ちてくる
  • 仕事に責任感が生じる時期でストレスも大きい
  • 仕事が忙しくなり、睡眠不足や食生活の乱れがおきやすい
  • 20代の生活習慣の乱れによる栄養素問題などの付けが生じだす
  • 20代よりも30代の方が大人ニキビが出来やすい体質が出来あがっている

 

40代ではニキビは減少

 

40代になるとニキビは減少し、ニキビの悩みからは解放される人も少なくありません。

 

皮脂量が下がってくることが一番の要因でしょう。
たしかに中高年齢層の人たちで大人ニキビができて悩んでいる人はあまり見かけませんね。

 

では逆に40代になっても大人ニキビで悩む人はどういうタイプの人なのでしょうか。

 

  • 過度のストレスを抱える
  • ヘビースモーカー
  • 睡眠が取れない
  • 食生活が大きく乱れている

 

このように生活習慣が大きく乱れている人は、突然大人ニキビができたりして悩むようです。

 

肌質など体質が大きく作用

 

こればかりは個人差の問題のため40代になっても大人ニキビで悩む人もいるわけです。

 

同じ強さのストレスでも、強く影響してしまう人、ため込んでしまう人、性格にもよりますが個人差の問題はなかなか防げません。

 

生まれながらの肌の抵抗力が弱いなどの要因は防げません。
肌が弱いとの自覚あれば、皮膚科に通って治療してもらうのがおすすめです。

 

大人ニキビで体調を見直す

部位別大人ニキビ

大人ニキビは生活環境の乱れ、特にストレスは直結するといわれています。

 

このため大人ニキビができて悩んでいるあなたは、強いストレスを抱えていると言えます。
大人ニキビをストレスの判定機と考え、生活を見つめ直すことも大切です。

 

心のゆとりはお金に換えられない面もあります。
毎日残業で夜遅く返り、休日も接待で出勤しているような生活では、体調面にも負担がかかっていることでしょう。

 

人間長く緊張状態が続くと耐えられないものです。
もし不眠状態まで招いているようであれば要注意です。
必ず体調不良を引き起こす結果となってしまいがちです。

 

このような結果を引き起こす前に健康を最優先し、ストレスフリーな生活を送ることを考えることも大切となります。

 

このように大人ニキビができてしまうことから生活パターンを見直し、健康に留意することも必要かも知れませんね。

 

関連記事はこちら

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事