ニキビ発生原因はアルコールによる肝機能低下にあった

ニキビにアルコールは100%悪者でない

部位別大人ニキビ

アルコールとニキビの関係を解明

 

ニキビにお酒は厳禁なのか?

 

よくタバコとお酒はニキビに悪いとセットで言われますが、タバコは百害あって一利なしというように、利点は見いだせません。

 

しかしアルコールは100%悪者ではありません。

 

アルコールは血行促進にメリットがあります。
血行がいいと言うことがニキビにとってはとてもメリットがあるのです。

 

その他のメリットとしてはストレス解消に役立つことです。

 

ストレスは大人ニキビの大きな要因のひとつです。

 

ストレス社会といわれる現代において、夜の一杯はなくてはならないストレス解消法のひとつといえるでしょう。

 

みんなで盛り上がり、お酒を飲みながらカラオケでもすればかなりのストレス解消になるのも事実です。

 

下手に頑張ってアルコールを摂取しないと言うことはストレスを溜めることになってしまうわけです。

 

このような理由からアルコールはニキビに絶対に悪いということでもないようです。

 

つまりはアルコールの量を加減すればいいことなんですね。

 

本来、アルコールの人体への悪影響は肝臓の機能が低下すると言うことです。

 

アルコールはニキビに良くないと言うのは二次的影響なのです。

 

肝臓の機能が失われてしまうと肌の毒素も分解されなくなってしまいます。だから、ニキビが出来てしまうのです。

 

糖分

 

アルコールがニキビに良く無い理由に糖分があります。

 

お酒には醸造酒と蒸留酒があります。

 

  • 醸造酒とはビール、日本酒、ワイン、チューハイなど。
  • 蒸留酒とは焼酎やウイスキー、ブランデーなど。

 

ビールや日本酒好きの人は気をつけてください。

 

醸造酒は過剰な糖分を含んだお酒なのです。

 

糖分は身体の中で中性脂肪に変化し、皮脂となる率を高めてしまいます。
このため、皮脂の過剰分泌がニキビが出来るリスクを高めてしまうことになるのです。

 

おつまみ

 

さらに問題はおつまみへと発展していきます。

部位別大人ニキビ

酒のつまみって高カロリーの物が多いのです。

 

例をあげれば、チョコレートやピーナッツ、唐揚げなどの揚げ物も要注意です。

 

普段それほど食べない人でも酔った勢いでついつい調子に乗って摂取してしまいがちです。

 

お酒を飲んだ後ラーメンなどの炭水化物でしめる人も多いのではないでしょうか。
アルコールには良くないんですがね。

 

お酒の席では、刺激物も摂取してしまいます。
これもニキビには悪影響。
内臓機能低下につながり、ニキビに影響を与えます。

 

ビタミンB

 

そしてアルコールの最大のニキビへの悪さは、ビタミンBが消費されること。

 

タバコはビタミンCですが、アルコールはビタミンBを消費します。

 

アルコールがニキビに影響を与えることは事実です。

 

前述のとおりアルコールの量を加減するしかないのですね。

 

アルコールは100%悪者でないのだから、上手く付き合っていくことが大切です。

 

肝臓のことを考えれば毎日アルコールを摂取することは厳禁。

 

休肝日をつくることが大切です。
以前は週1日といわれていましたが、最近は1日おき、最低でも週2日は休肝日と言われる時代になっています。

 

とにかくアルコールとは上手く付き合ってください。
そうすればニキビも悪化とはなりません。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事