冷やすなどニキビの痛みの応急処置教えます。

あなたはニキビの痛みの抑え方知ってますか?3つの応急処置を紹介

ニキビの痛みで困ったことがみなさんあることでしょう。
赤・黄ニキビがおもに痛みをともなうニキビです。

 

何気なくニキビに触れた瞬間に激痛が走ったなんて経験、あなたもお持ちではないでしょうか?

 

また痛みをともなうニキビができていると、夜中に寝返りなどで枕にニキビがあたり、痛みで目を覚ますこともあり、寝不足を招くことにもなります。

 

こんなニキビの痛みでお悩みのみなさんに、ニキビの痛みをおさえる3つの応急処置方法を紹介するので参考にしてください。

 

痛みがあるのは炎症ニキビ

 

痛みを感じるニキビは、赤ニキビ・黄ニキビの炎症ニキビです。

 

痛みの原因は白血球が増えすぎたアクネ菌を除去しようと戦っているからです。

 

また痛みだけでなく、かゆみもともないます。
かゆみの原因は肌の乾燥です。
肌の乾燥で、皮ふが敏感になってかゆみを感じるようになります

 

かゆみの注意点はかいてしまうこと。
かゆみがあるため、ついうっかりかいてしまいがちですが、かくのはNGです。
さらなる悪化を招くこととなります。

 

触る、かくは絶対のNG行為。

 

ニキビを傷つけ、手のバイ菌が入ってしまいます。

 

手で触ることを注意していても、刺激を与え悪化させる要因があります

 

2つの悪化要因

 

  • 不潔な布団や枕カバー
  • マスク

 

上記2つは注意すべきニキビ悪化要因です。

 

寝ている時に自然と布団や枕カバーは肌と接触してしまいます。
このため布団や枕カバーが不潔だと悪化要因になるので気をつけてください。

 

マスクもニキビに直接接触します。
こまめに変えて清潔なものを使用しましょう。

 

しこりニキビ(硬結ニキビ)

 

赤・黄ニキビの他にも痛みを感じるニキビにしこりニキビがあります。

 

ニキビは白→黒→赤→黄の順に悪化していきます。

 

炎症前の白・黒ニキビは痛みをともないません。

 

一番炎症のひどい黄ニキビは、赤ニキビよりさらに痛みを感じることが多くなります。
そしてこの黄ニキビがさらに悪化したのがしこりニキビ。硬結ニキビともいわれます。

 

しこりニキビは、硬くなったしこりができて腫れあがったニキビです。
ニキビの芯が見えなくて膨らんでいるニキビで、よく動くだけでも痛いというほどの痛みをともなうこともあります。

 

最終形の悪化ニキビだけあり、そう簡単には治りません。
ニキビ跡になってしまう危険性も高いので、できれば皮膚科にいくのがおすすめです。

 

しこりニキビのできる原因

 

しこりニキビは炎症がもっともひどい状態です。
このため白血球が活発に働き、その結果大量の活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素は毛穴の壁を作っているコラーゲンを破壊します。
毛穴の外にまで炎症が進んでしまうので、腫れやひどい痛みが生じることとなります。

 

一方肌は懸命になって毛穴の修復作業を行います。
必死になって新しい細胞を作りますが、過剰に細胞を作る結果肌が硬くなりしこりができてしまうのです。

 

しこりニキビ処置方法

 

しこりニキビができた場合は、皮膚科にいくのがおすすめですが、皮膚科にいきたくない、なかなか時間がとれない人のために正しい処置方法を紹介します。

 

しこりニキビは本当にしつこくなかなか治りません。
自然治癒だと数ヶ月〜数年の長い時間がかかりますし、ニキビ跡として残ってしまう可能性もかなり高くなります。

 

炎症を抑える

 

原因は炎症なので、炎症を抑えることをまずは考えましょう。

 

炎症を抑える働きがある市販薬を使用しましょう。

 

炎症を抑える働きが強い市販薬には肌に刺激の強いステロイドが入っていることが多いので、使いすぎには注意してください。

 

使用しながら様子を見てください。
10日程度使っても効果が見られないときには皮膚科に行くのがおすすめです。

 

しこりニキビはあまく見ない方がいいです。
市販薬の場合どうしても浸透力に問題があるため効果が見られないケースが生じます。

 

洗顔で毛穴を清潔にする

 

市販薬を塗るとともに正しい洗顔方法で炎症が悪化しないように毛穴を清潔に保ちましょう。

 

洗顔料は刺激が少なく、ナノ化された成分が小さく毛穴の奥まで届くものを選びましょう。

 

洗顔料おすすめポイント
  • 合成界面活性剤が入っていないこと
  • 「超微粒子〇〇」「ナノ化〇〇」などの成分が小さいこと
  • クレイ洗顔はおすすめ

 

参考におすすめのクレイ洗顔料を紹介します。

 

「ビーグレン クレイウォッシュ」がおすすめです。

 

使用クレイはモンモリロナイトです。
返金保証付きで、1週間ためせるトライアルセットなら1,800円と手軽な値段で試せます。

 

毛穴の奥の汚れまでしっかり入り込み、余分な皮脂や汚れをやさしく吸着して取りのぞいてくれるので、しこりニキビの悪化を防いでくれます。

 

部位別大人ニキビ


 

部位別大人ニキビ

 

ニキビの痛みを抑える3つの応急処置

 

1.ニキビを冷やす

 

まずは一時的にでも痛みを抑えましょう。

 

冷やすことで、細胞の働きが鈍くなり、痛みを感じにくくすることができます。

 

処置方法

 

  • 化粧水を冷蔵庫で冷やしておきます。
  • 化粧水を直接ニキビに塗るより、コットンなどに染みこませてあててあげるのが有効です。
  • パックするイメージでしばらくコットンをのせておきましょう。

 

化粧水で保湿しながら冷やし、一時的にでも痛みを抑えることができ有効です。

 

  • ただし冷やしすぎは良く無いので注意願います。
  • 痛いからといって氷などで長時間冷やし続けるのはおすすめできません。
  • 冷やすという行為は血液の流れが悪くなります。
  • 治癒力も抑えられることとなってしまいます。
  • 冷やすという行為はあくまで痛みを抑える一時的応急処置だとの認識を持ちましょう。

 

2.市販薬で痛みを抑える

 

痛みを抑える成分の入った市販薬を塗って痛みを抑えましょう。

 

痛みを感じているほどのニキビ状態のため、しっかりと痛みをおさえてくれる成分が入った市販薬を使用することが必要です。

 

どんな薬を使用すればいいかよく分からない場合には、店内にいる薬剤師の方の相談しましょう。

 

洗顔後に痛みのあるニキビの上に薬を塗るだけで、痛みをやわらげてくれる商品も結構ありますよ。

 

ただし痛みが引かない時にはやはり皮膚科へ行くことをおすすめします。

 

3.ビタミンC誘導体化粧品を使う

 

浸透力の高いビタミンC誘導体が含まれている化粧水を使ってみましょう。

 

ポイントは2つ。

 

浸透力が高く、奥にまで成分が届くこと。
市販の商品などでみられる普通のビタミンCでは駄目です。肌の奥まで届きません。
必ずビタミンC誘導体が含まれているものを選びましょう。

 

ビタミン量に注目
ビタミン量が少なくては効果も低いです。
しっかり濃度チェックしましょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事