あなたのクレンジング間違ってませんか?正しいクレンジング方法教えます

あなたのクレンジングを見直しましょう。正しいメイク落とし教えます

正しいクレンジング方法をしっかり身に付けることは、ニキビ対策及び予防にとって絶対欠かせない条件です。

 

正しいクレンジング方法を身に付けるための黄金ポイントはたったの2つ

 

正しいクレンジング剤を選ぶこと
正しいクレンジング方法を覚えること

 

正しいクレンジング剤を選ぶこと

 

ニキビ肌の人は、クレンジング剤はとにかく肌にやさしものを選んでください。

 

おすすめ
  • オイルフリー
  • ミルクタイプ
  • クリームタイプ

 

NG
  • オイルタイプ
  • リキッドタイプ

 

クレンジング剤を選ぶポイントはとにかく肌にやさしいものです。
刺激の強いものを使うのは絶対にNGです。
化粧はしっかり落とさないと駄目です。
肌にやさしいタイプで大丈夫なのと、不安に感じる方もいるかも知れませんが、はっきり言って大丈夫です。

 

最近の技術力は優秀なので、肌に優しくてその上しっかりメイクを落とせるものがたくさんあります。
メーカーも肌にやさしくしっかりメイクを落とせるものが求められている時代と認識しており、そんな商品が増加しています。

 

正しいクレンジング方法を覚えること

 

最初に間違ったクレンジング方法を紹介
  • しかりメイクを落とせていない
  • 時間がかかっている
  • 強くこすり刺激を与えている

 

間違いなくこれが間違った3大クレンジング方法です。

 

この3大ポイントにあなたのクレンジング方法が1つでも該当すればNGですね。

 

しかりメイクを落とせていない

 

意外に落とすべきメイクがしっかり落とせていない人が多いのです。
クレンジング剤を適当に顔に広げているだけという人の場合、この現象が起きてしまいます。
クレンジング剤さえ使えばOKと勘違いしているんですね。

 

メイクが毛穴の中に残ってしまうと、ニキビの原因となりますので、十分注意するようにしてください。

 

時間がかかっている

 

クレンジングのタイムリミットは1分以内と認識しましょう。
クレンジングはメイク落とし、だから強力な洗浄剤であることを理解しましょう。
従って、時間をかけるほどに、どんどん肌の潤いを奪ってしまいます。
この結果肌に必要な皮脂まで奪うこととなり、乾燥肌となりニキビの発生へとつながっていきます。

 

強くこすり刺激を与えている

 

洗顔でもゴシゴシ洗いはNGですね。
最近は肌に刺激を与えることは絶対のNGとみなさんの多くの方が知っています。
それでもつい肌に刺激を与えてしまいがちなのです。

 

とくにクレンジングの場合、メイクを落とそうとつい強くこすってしまいがちです。
肌に刺激をあたえ、ダメージに弱い肌にどんどんしているのです。

 

なおニオキビができた状態でクレンジングをする場合、ニキビに強く触れない。そして絶対潰したりしないように細心の注意を払ってください。

 

とにかく肌に強い刺激をあたえないことを肝に銘じておいてください。

 

クレンジングの回数

 

あなたは寝る前にクレンジングでメイク落とししているのではないでしょうか?
そのとおり、クレンジングは1日1回夜に行ってください。

 

どれだけ疲れていて眠くても、やってはいけないNGが、メイクをしたまま寝てしまうことです。

 

これ以上にお肌にとって最悪なことはありません。
絶対メイクだけは必ず夜にクレンジングで落とすようにしてください。

 

なお当然ですがノーメイクに日には、クレンジングは使用しなくてOKですからね。
ただし、日焼け止めを塗っていれば、クレンジングを使って落とすようにしましょう。

 

朝クレンジングってニキビにどうなの?

 

たまに朝の洗顔前にクレンジングをすると、化粧ノリが良くなると言っている人があります。

 

さき程クレンジング剤は強力な洗浄剤であると言ったように、確実に肌に負担を与えます。
できる限りクレンジング回数は抑えたほうが、肌にはよいのです。
朝のクレンジングはニキビなどとは縁もないような肌質が強い人がなせる方法と思いますが、そんな人の肌も確実に肌荒れが進むと思います。
間違ってもニキビ肌の人はやらないようにしてください。これはNGですよ。

 

ニキビ肌の人が朝のクレンジングをする場合は・・・。
どうですか。あなたはどんな場合か分かりますか?

 

絶対あって欲しくないことですが、百歩譲ってメイクを落とし忘れて寝てしまった場合です。
さすがにこの時ばかりは、朝クレンジングをしないわけにはいきませんからね。
肌が弱っている状態になっていますので、メイクは薄塗りにするようにしましょう。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事