季節状況に適したスキンケアで大人ニキビの発生や悪化を抑える

春夏秋冬の大人ニキビの発生原因を知りスキンケアを行う

季節毎の大人ニキビ原因を考えてみよう

 

季節ごとに注意するべき重要点があります。この点をしっかり理解し、季節状況に適したスキンケアを行えば、大人ニキビの発生や悪化を抑えることができます。
春・夏・秋・冬ごとに見ていきましょう。

 

春編

 

春の大人ニキビ発生原因

  • 花粉症
  • 環境変化による心理的ストレス
  • ゆらぎ肌

 

花粉症
春に起こる症状に花粉症があります。
花粉症の3大症状は「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」ですが、目のかゆみを伴う人も多いようです。 異物(花粉)を体外に排出する生体防御反応により3大症状が現れますが、アレルギー反応によってそれらが過剰に発現するのが花粉症の症状です。
花粉症では花粉症皮膚炎という皮膚症状が出ることもあるそうです。
花粉症により春のこの時期は免役システムが過剰反応を起こしています。このためニキビも炎症が発生しやすく、悪化してしまう可能性が高まっています。
鼻づまりなどの症状は睡眠不足に繋がるため、結果として大人ニキビの原因となっていきます。

 

環境変化による心理的ストレス
春は出会いと別れのイベントシーズンです。卒業、新入学、新入社や年度変わりの転勤などによる環境変化で心理的ストレスが増加し、緊張状態により交感神経が優位になることからホルモンバランスが崩れやすくなります。男性ホルモンの分泌が活発化し、角栓発生や皮脂分泌が増加する影響で大人ニキビが悪化しやすくなります。

 

ゆらぎ肌
冬から春への季節の移り目による温度差や乾燥でゆらぎ肌が生じ、肌トラブルを発生してしまう人が多くなります。
ゆらぎ肌の主な症状は、肌がカサカサして乾燥がひどくなる、肌がベタつく、ニキビができる、赤み・かゆみがでる、化粧ノリが悪い、いつも使っている化粧品がしみるなどです。

 

春の大人ニキビ予防

 

花粉症
花粉症対策としては、症状が出る前や軽いうちから治療を開始する「初期療法」がおすすめです。花粉が飛びはじめる前の2週間程度の時期から前もって薬を飲んでおくことで、症状が出る時期を遅らせます。この対策により花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。
花粉カットメガネやマスクは必需品です。
衣服についた花粉を室内に持ち込まないためには、ウールなど花粉がつきやすい素材は極力避けるようにしましょう。静電気も花粉をくっつけてしまいます。花粉をつきにくくするスプレーが市販されていますので活用すると良いですよ。
この他にもつば広の帽子をかぶるのも有効です。
必ず玄関で花粉をはらってから家に入り、すぐにシャワーを浴びるなどして、肌に付着した花粉を洗い流せば効果大です。

 

環境変化による心理的ストレス
新しい生活に戸惑っている状態であり、実際にはいきなりストレスを減らすことは困難でしょうが、ストレス解消に効果的な方法を紹介します。

  • 好きなことをする(買い物・カラオケ・ドライブ・ゲーム等々をする)
  • お風呂に入りリラックスする
  • おもいっきり笑う
  • 泣く(感情的な涙を流す)
  • 腹式呼吸をしてリラックスする

 

ゆらぎ肌
冬の間に肌質を高めておくことが重要です。
何をすれば良いかというと、毎日のスキンケアをしっかりと行うことです。ゆらぎ肌は敏感肌の一種です。あまり色々なケアをするのは返って悪影響を与えかねません。
「きちんと洗顔をして、しっかり保湿する」を守って実行してみてください。

 

夏編

 

夏の大人ニキビ発生原因

 

紫外線
夏のニキビの大敵は何と言っても紫外線です。当然UV対策に力を入れることが重要となります。UV-A量は5月頃から、UV-B量は7〜8月頃にピークとなります。夏場は水着になる機会も多く、顔だけでなく体全体の肌に対してニキビ対策が必要となります。早めに初夏の時期から対策し、美肌を目指しましょう。

 

紫外線を浴びると皮脂は酸化してしまいます。酸化して古くなった皮脂は「過酸化脂質」と呼ばれる物質に代わり、皮膚に刺激を与えることで角質を厚くします。肥厚した角質は角栓を発生しやすくなります。また柔軟性を失い毛穴が収縮するため、毛穴詰まりによりニキビが発生しやすくなるのです。

 

紫外線は、毛穴に存在する常在菌であるアクネ菌と関連して、肌に悪影響を及ぼします。
アクネ菌がつくりだす“ポルフィリン”という物質は、紫外線に当たると活性酸素を発生させます。活性酸素は大量に発生すると膚にダメージを与え、皮脂の酸化、炎症、角質肥厚などの各種のニキビ原因となる肌トラブルを引き起こします。
皮膚に存在するスクワレンという成分は非常に酸化しやすく、紫外線を浴びるとすぐ酸化します。その周りの皮脂も連鎖的に酸化することでニキビの発生を招きます。
さらに紫外線はメラニン色素を大量に生成し、ニキビ跡を茶色く色素沈着させます。炎症箇所はバリア機能が落ちているため、少量の紫外線でもシミになってしまう可能性が高まっています。跡が残ってしまわないようにしっかり紫外線対策を行いましょう。

 

夏の大人ニキビ予防

 

夏の大人ニキビ予防は紫外線対策となります。
当然ケアは日焼け止めの使用です。
せっかく日焼け止めを塗っても、それが逆にニキビを悪化させてしまっていては意味がないので、肌のことを考えて、SPF10〜20、PA++くらいまでの日焼け止めがおすすめです。また最近は飲むだけで簡単にUVケアができる、日焼け止めサプリもおすすめです。すでに海外では当たり前の人気商品になっています。
この他、帽子、日傘や手袋などの併用も必須です。UVダメージを最小限にすように心がけましょう。
保湿ケアを入念に行うことはニキビ予防の絶対条件です。角質に水分補給を行い、角質層のバリア機能を回復させましょう。

 

おすすめ日焼け止め商品を紹介

 

カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター(ホワイトニング)

 

おすすめ日焼け止め商品はカネボウ アリィーエクストラUVプロテクター(ホワイトニング)です!
安定した人気を誇ります。毎年夏にはこの商品というリピーターも多いでしょう。
美白効果と強力な紫外線カット力を兼ね備えており、日差しの強いビーチでも安心して使用可能です。
クレンジングで簡単に落とせるのも人気の秘密です。

 

 

【定形外対応】カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター(ホワイトニング)N 60mL ネコポス不可

 

太陽に負けるな!飲むサプリで日焼け対策

 

【WHITE VEIL〜ホワイトヴェール〜】

  • 話題の成分ニュートロックスサンを配合した世界最先端のUVケア商品です。
  • 紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ、これ一つで、焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制する便利なサプリ。
  • 1日2ー4粒だけでOK(飲みやすい小さな粒タイプです)
  • 日焼けに負けない。サプリメントだから全身OK。
  • 植物成分100%。100%オーガニックのマルチビタミン&ミネラル配合です。



 


 

 

秋編

 

秋の大人ニキビ発生原因

 

秋はよくもっとも対策の難しい季節といわれます。
どうしてなのでしょう。
さて何に対して注意してケアすべきでしょうか?
こう考えた時になかなか具体例が思い当たりませんよね。実は秋は四季の中で唯一最大の大人ニキビ発生原因がない季節なんですよ。春は花粉、夏は紫外線、冬は乾燥と問題点が明白なんですが秋は特に無しです。
このため油断が生じ、みなさんついスキンケアで手抜きしがちになってしまうのが秋の落とし穴なのです。ところが秋ってある面一番スキンケアが必要な季節なんです。その理由は他の季節に必要なニキビケアを全て行う必要があるためです。秋は銀メダリストなのです。花粉、紫外線、乾燥という項目で全て第2位、このため全てケアが必要なわけです。

 

秋の花粉
秋にも花粉症があるって知っていましたか。結構悩まされている人も多いのですよ。
犯人は一般にブタクサと呼ばれているキク科のブタクサとオオブタクサです。ブタクサの花は夏から秋にかけて咲きます。
日本中に分布していますが、関東圏が一番多く、特に東京など関東圏では最近ブタクサが原因の花粉症が増加しています。
スギ花粉の花粉症に比べて重症の鼻炎を起こすことが少ないためあまり知られていませんが、アレルギー体質の方であれば、皮膚症状をおこす可能性があります。

 

秋の紫外線
9月なんて残暑厳しくまだまだ夏の日差しが日中は降り注いでいます。ピークは初夏から8月と言いますが、秋だといって油断せずしっかり夏同様日焼け止めを使用したUV対策を続ける必要があります。当然、帽子や日傘などの対策も継続してください。

 

秋の乾燥
大人ニキビの最大の天敵は乾燥です。秋は9月以降徐々に湿度が下がっていき、乾燥がだんだん激しくなっていきます。油断することなく乾燥ケアを行っていきましょう。そして秋が深まる10月下旬からは冬に準じたスキンケアへと切り替え、入念な保湿ケアを行うことが大切となります。

 

紹介したように秋だけに必要なニキビ対策はありませんが、総合的なスキンケアが必要となります。油断してスキンケアをサボることなく継続していってください。

 

冬編

 

冬の大人ニキビ発生原因

 

冬は大人ニキビがもっとも多発する乾燥の季節です。
ニキビが一番悪化する時期はという問題でアンケートすると回答は“夏”となる場合が多いんですね。これは何故かというと、思春期ニキビは湿気が多く皮脂が増えやすい夏に悪化するからなんです。やはりニキビというと思春期ニキビの知識のほうが良く知られているのでしょうね。
しかし大人ニキビのもっとも多発するのは乾燥の冬。徹底した保湿ケアを行いニキビケアに力を注いでいきましょう。
冬場の大人ニキビの発生原因は、乾燥により角質層の水分が失われて肌バリア機能が低下するためです。また冬場は表面が潤って見えても、角質層の内部が乾燥しているインナードライ状態になっていることが多く見られます。
インナードライ状態になると油分と水分のバランスが崩れてしまい、肌悩みが起きやすい肌の状態になってしまっています。

 

冬の大人ニキビ予防

 

冬の大人ニキビ予防は角質層の水分量を保持することが重要です。
角質層の水分は10%を下回るとバリア機能の低下が始まり、乾燥肌になってしまうと言われています。
冬の間はとにかく保湿ケアに力を注いでください。特に洗顔や入浴後の保湿ケアを心がけてください。入浴後の保湿ケアは時間をおかず必ず即効で行いましょう。また過剰な洗顔は必要以上に皮脂を奪い、角質層の乾燥を招きますので注意しましょう。
冬の寒い時期は冷え性の人は注意しましょう。
冷え性の人は血液の循環が悪くなり、お肌に栄養が行き届かなくなり、新陳代謝が低下してターンオーバーの周期が乱れ、角質が厚くなり大人ニキビが出来やすくなります。また疫力も落ちるのでアクネ菌との戦いになった場合に負けやすくなり、赤ニキビが出来やすくなります。
体を冷やす大豆製品の食べ過ぎや冷たいものを飲食せず、鍋などの体が温まる食べ物や紅茶、ショウガ湯などの暖かい飲み物をのみ身体を芯から温める生活習慣を心がけましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事