活性酸素はニキビの炎症を起こすだけでなく細胞中のDNAを破壊するって本当

ニキビはなぜ炎症を起こすのか原因を究明

恐るべき奴である活性酸素の正体を解明する

「活性酸素」

 

ニキビはふさがれた毛穴の内部に皮脂が詰まることで発生します。
毛穴に皮脂が詰まると、アクネ菌がどんどん増殖していきます。
白ニキビ状態の毛穴にアクネ菌が増殖して炎症が起こり、赤ニキビへと進化していくのです。白血球VSアクネ菌の抗争が始まります。白血球がアクネ菌を退治するために用いるのが「活性酸素」です。活性酸素はウィルスや細菌などの有害物質が体内に侵入した場合に活躍する物質なのです。
ところが活性酸素は「悪玉活性酸素」とも呼ばれ、その量が増えすぎると、肌に深刻なダメージを与えると言われています。
活性酸素は体を「酸化」させる作用があり、毛穴に詰まった皮脂を酸化させ、遊離脂肪酸過酸化脂質という物質に変えることで、毛穴周辺の細胞にダメージを与えるとともにターンオーバー機能の低下などを引き起こしニキビを悪化させるのです。
人が体に吸い込む酸素量の約3%が活性酸素になるそうです。
日常生活において「酸化」といえば「サビ」を連想しますよね。古釘などがボロボロになっているように、あなたの肌にもサビと同様の現象が起こってしまっているのです。

 

活性酸素は恐るべき悪者

 

なんと活性酸素は細胞膜にダメージを与えた上に、細胞中のDNAを破壊することまであるそうです。肌細胞のDNAが破壊されると、毛穴の細胞自体がボロボロになってしまい、細胞自体の回復力がなくなるので、肌の自然治癒力を著しく低下させ、ニキビや吹き出物の炎症の回復を遅らせてしまいます。
活性酸素って本当に恐ろしい奴なんですね。

 

次ぎに発生原因を見ていきましょう

 

またまた衝撃の事実発生。活性酸素は呼吸するだけで発生するのです。これでは防ぎようがありませんね。
しかし悲観しないでください。他にも活性酸素を発生さる原因はたくさんあるようなのです。他原因にきちんと対処していけば大丈夫ですよ。

 

活性酸素発生の主原因

 

  • 紫外線
  • アルコール
  • タバコ
  • 酸化しやすい油を摂取
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 激しい運動

 

紫外線

 

紫外線の害はみなさんよくご存じでしょうが、アクネ菌が分泌するポルフィリンが、紫外線を浴びてしまうと、大量の活性酸素を生み出してしまうんですね。そして皮脂の酸化を促進し、ニキビの炎症を悪化させ赤ニキビを生み出し、深刻な肌トラブルを生じさせるのです。

 

ストレス

 

ストレスも活性酸素が大量発生する原因なのです。
そのメカニズムは、人が過度のストレスを受けると、血液の循環が滞ってしまいます。これは細胞の代謝に必要な酸素が不足することになります。時間が経過して血液循環が回復すると、遅れた代謝をカバーしようと細胞は一斉に大量代謝を行います。この行動が大量の活性酸素を生み出すことになってしまうのです。

 

睡眠不足

 

睡眠不足も活性酸素が発生する原因なのです。
人の細胞は起きて活動している間中盛んに代謝を行います。睡眠中には代謝量は減少します。睡眠時間が短くなればそれだけ起きて活動している時間が増加し代謝量が増加します。、結果、活性酸素の増加に繋がるわけです。

 

※ストレスも睡眠不足も活性酸素の増加の一要因です。細胞の代謝が盛んとなる行動を実施した場合全て活性酸素の増加に繋がります。

 

活性酸素の種類

 

「スーパーオキサイド(スーパーオキシドアニオン)」

 

ニキビの炎症の際に最初に大量発生します。反応性は低いとされています。
反応性とは、活性酸素が次々と増加していくことです。
注意点は反応性の低いスーパーオキサイド(スーパーオキシドアニオン)が反応性の強い「ヒドロキシラジカル」に変身することがあるという点です。

 

「ヒドロキシラジカル」

 

ニキビの炎症が悪化していく過程で発生します。
実は白血球が細菌を退治するために排出する物質がヒドロキシラジカルであり、とても強力な殺傷能力を有しています。
ヒドロキシラジカルの問題点は敵・味方関係なしの無差別攻撃です。ニキビの炎症に伴い攻撃が続けられ、毛穴の細胞の受けるダメージ規模がどんどん大きくなってしまいます。これは炎症ニキビである赤ニキビや黄ニキビがニキビ跡を残す大きな原因となっています。

 

活性酸素対策

 

人間の体はある程度までなら活性酸素が発生しても問題ないようになっています。これは活性酸素を排除する抗酸化作用という機能が備えられているからです。
抗酸化作用は「抗酸化物質」の働きで起こります。このため抗酸化物質が体内にたくさんある人は、活性酸素に対する防御力を向上させることができます。

 

抗酸化作用のある抗酸化物質を体内に取り込みましょう。

 

抗酸化作用が高い活性酸素は「ビタミンC」です。
ビタミンCには活性酸素を倒して無害化させる「抗酸化作用」という働きがあり、他にもお肌にうれしいたくさんの働きがあります。
スキンケアとして使う場合、通常のビタミンCでは肌には浸透しずらく刺激が強すぎたりします。肌にやさしく浸透しやすいように人工的に作られた「ビタミンC誘導体」が入った化粧品がおすすめです。

 

【VCビタール】

 

  • ニキビやトラブル肌に最適なビタミンCコスメ
  • 3層メッシュのキメ細かい泡でお肌に潤いを残し優しく洗い上げる
  • 無添加処方でお肌へのこだわりのやさしさ
  • 通常ビタミンCの200倍効果の圧倒的な浸透力を誇る最新型ビタミンC誘導体



 


 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事