紫外線を浴びると髪を守るバリアのキューティクルが剥がれやすくなる!

紫外線を浴びると髪がパサパサに乾燥し、白髪が増え、抜け毛が増えて薄毛になる。

ほとんどの人が髪への紫外線対策をしていない。恐ろしさを教え、ケア方法を伝授する。

髪への紫外線対策してますか?

 

紫外線対策をしていますかと質問するとほとんどの人は「紫外線対策はバッチリ」との返事が返ってきます。みなさん紫外線の恐ろしさは十分認識しています。
ちょっと待ってください。違いますよ。今までのみなさんの回答は紫外線の肌への対策です。

 

髪への紫外線対策をしていますか?という質問にしたとたんに「髪への対策なんて必要なの?何もやっていないよ」と答えが180度変わります。

 

実は紫外線は髪に対しても恐るべき悪影響を与えているのです。
詳しく紹介しますので参考にして、髪への紫外線対策に役立ててください。

 

髪は肌の3倍も紫外線からの刺激を受けている

 

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

 

紫外線による髪へのダメージ

  • 髪がパサパサに乾燥する
  • 白髪が増える
  • 抜け毛が増えて薄毛になる

 

髪がパサパサに乾燥する

 

髪を守っているバリアはキューティクルです。
紫外線を浴びると、このバリアであるキューティクルが剥がれやすくなるそうです。
もしバリアの役目を果たしているキューティクルが剥がれてしまったら、髪の内部にため込んでいる水分が蒸発してなくなってしまいます。
こうなれば髪は潤いをなくし、パサパサに乾燥してしまいます。

 

白髪が増える

 

紫外線は髪を白髪にする作用もあるそうです。
髪を黒くしているのはメラニン色素です。紫外線を浴びるとメラニン色素をつくることが出来なくなり、白髪になってしまうのです。

 

抜け毛が増えて薄毛になる

 

紫外線を浴びると抜け毛が増えます。
これは頭皮へのダメージによります。
肌の場合と同様に影響を考えれば分かり易いでしょう
肌のターンオーバーの乱れと同様に老化現象が進行していくわけです。このような理由により、髪の毛が抜けるのです。また、より強いダメージを受けた場合には、髪が生えにくくなるという状態も生じてしまいます。

 

紫外線って本当に怖いですね。冷や汗が出てきます。
薄毛で悩んでいる人は原因の一つが紫外線だったのかも知れませんよ。

 

強くダメージを受ける要因

 

髪が濡れている時

 

髪が濡れている状態の場合は、ダメージを受けやすくなります。
髪が常に濡れた状態になる海やプールで遊んでいる時は要注意です。また海やプールで遊んでいるということは真夏の一番紫外線量が多い時期が該当します。最悪ですね。とにかくしっかりと紫外線対策を行うように心がけてください。

 

外出前に髪を洗う

 

髪が濡れた状態で紫外線のダメージが大きくなるため、出来る限り外出前の洗髪は控えたほうが無難です。紫外線対策から考えた場合「朝シャン」もあまりよくないという結論になります。半渇き状態はよりダメージを受けやすいそうなので、注意ねがいます。

 

髪を染めたり、パーマをかけた時

 

髪を染めた時とパーマをかけた時は、髪の毛のキューティクルが剥がれた状態(キューティクルをはがさないと、髪に色をつけることができない)のため紫外線のダメージをとっても受けやすいので十分注意してください。

 

髪への紫外線対策

 

日焼け止めスプレー

 

普段使用している肌用の日焼け止めを間違っても髪に塗ったりしないでくださいね。ベトベトゴワゴワになり目も当てれませんよ。
ちゃんと髪への専用日焼け止め商品として、スプレータイプのものがあります。
スプレータイプだから簡単、髪に吹きかけるだけでOK手間いらずです。これで対策バッチリと思ったら実は大間違いなのです。
なぜかと言うと肌用の日焼け止めみたいに効果が得られないそうなのです。冒頭でも述べましたが、髪は肌の3倍も紫外線からの刺激を受けているのです。
日焼け止めスプレーも行いプラス他の方法も合わせる合併対策が必要となります。

 

帽子や日傘による紫外線カット
部位別大人ニキビ
物理的に紫外線カットをすれば間違いなしです。
帽子は一番お手軽で簡単で確実に頭皮保護が可能です。
ただし女性の場合ロングな髪の人も多いので帽子からはみ出した髪の毛に注意が必要です。
髪への日焼け止めスプレーも行い、日傘などで髪全体を紫外線から守るなど複合技で対応するのがおすすめです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事