ホルモンバランスが乱れるとニキビができる

5つの方法でホルモンを整えニキビを予防する

ニキビができやすくなる3つの原因

 

  • ターンオーバーが乱れる
  • 肌が乾燥する
  • 肌のバリア機能が低下する

 

上記3つがニキビができる3大原因です。
これから紹介する5つの、ホルモンを整える方法で、3つの原因を予防してニキビを防ぎましょう。

 

1.アロマをたいてリラックスしよう

 

好きな香りをかぐと気持ちが落ち着く、リラックスできます。
リラックスすると自律神経のバランスが整い、ホルモンの分泌が活性化されます。

 

ホルモンバランスを整えるおすすめアロマ

 

  • ゼラニウム
  • ラベンダー
  • イランイラン

 

おすすめアロマオイルベストスリーです。

 

ストレスを解消してリラックスできる最大のポイントは自分の好きな香りを嗅ぐことです。
いくら効果があっていいよと進められたアロマの香りでも、自分が苦手だと感じる香りでは当然リラックスできません。
それどころか、返ってストレスを感じることにもなりかねません。

 

自分の好きなアロマの香りを見つけておき、この香りを嗅げばリラックスできるという状態を作れればとても有効です。

 

その意味でもいろんなアロマを試して、自分に合ったリラックスできるアロマを見つけておきましょう。

 

ニキビ化粧品の中にもアロマ効果に特化した優れものの化粧品があります。

 

ニキビ化粧品でアロマ効果といえばすぐに名前があがってくる2商品を紹介します。
当然ご存じの人も多いでしょうが、その2商品は、ラ・ミューテHANAオーガニックです。

 

2つの商品紹介記事

 

ラ・ミューテ

 

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

 

ラ・ミューテの人気の秘密は100%国産の天然ダマスクスローズを使用していることです。
肌にやさしく敏感肌、乾燥肌の人も安心して使用できます。
贅沢なナノ保湿成分で潤い、バリア機能をサポートします。 

 

ラ・ミューテの公式サイトはこちら

 

HANAオーガニック

 

部位別大人ニキビ

 

HANAオーガニックは、敏感肌の人でも安心な肌にやさしい無添加製法が特徴です。

 

ホルモンバランスを整えるのに効果的な植物エキス(ダマスクローズ・ラベンダー・イランイラン・ゼラニウム・クラリセージなど)がたっぷり配合されています。

 

HANAオーガニックの公式サイトはこちら

部位別大人ニキビ

2.有酸素運動をしましょう

 

おすすめ有酸素運動

 

  • ウォーキングやジョギング
  • ヨガ
  • エアロビクス
  • 水泳
  • サイクリング

 

有酸素運動とは、長時間継続して行う運動のことです。
運動中に筋を収縮させるためのエネルギーを、体内の糖や脂肪が酸素とともに作り出します。

 

有酸素運動を行うことで、自律神経のバランスが整います。
その結果、ホルモンバランスも整いやすくなります

 

自律神経とは、生きていく上で欠かせない体の働きサポートしている神経のことです。
代表的なものとして、呼吸・体温調整などがあります。
交感神経と副交感神経の2つがあり、バランスが崩れるとさまざまな体調不良がしょうじてしまいます。

 

ウォーキングやジョギングは最も簡単に実行できおすすめです。
またヨガは近年ホルモンバランスを整える運動として注目されています。
ヨガにはいろいろなヨガのポーズがありますが、自分にあったポーズをいくつか覚えておくと、とても有効です。

 

おすすめ4つのヨガポーズ

 

1.ねじりのポーズ

 

  • お腹の引き締め、疲れにくい体に!

 

やり方手順

 

手順1
足を前に出して座ります。手はお尻の横に自然に置きます。

 

手順2
右足を内側に曲げてかかとを左のお尻の横に。左足は立てます。

 

手順3
できる人は立てた左足で右ひざをまたいで、体の右側に置きましょう。
腰のねじりがより深くなります。

 

手順4
息を吐きながら状態を左にねじる。
3.の足をキープしたまま、息を吐いて上体を左にねじります。
このまま3呼吸キープしてもOK。吸う息で体を戻し反対側も行ってください。

 

手順5
できる人は胸の前で合掌して3呼吸キープ
4.でつらくない人は胸の前で合掌をしてから3呼吸キープしましょう。
吸う息で上体を戻したら、足を組み替えて反対側も行ってください。
注) 上体が倒れる人はポーズをゆるめてください。
このポーズをした時に上体が前に倒れたり、呼吸が苦しい人は
脚の組み方を2.に戻すか、手を床につけるかして調整をしてください。
姿勢が悪いと効果が半減します。

 

 

2.らくだのポーズ

 

  • 背中の引き締め、便秘・肩こりの解消!

 

やり方手順

 

手順1
床に正座ですわり息を吐いて呼吸を整えます。

 

手順2
両ひざを付けたまま、ひざ立ちになり、指先を下に向けて手は腰に。
息を吸いながら、ひじを緩めます。
※手は背中側の骨盤の上に!
背中を触ってみると、腰のあたりに骨盤の上部の骨がでています。それを手のひらでささえるようにしましょう。

 

手順3
目線を上げて、息を吐きながら、へそ下を前に出します。3呼吸キープしたら吸う息で戻しましょう。
できる人は、体を深くそらせて。
注) ももが後ろに倒れないように!
体の前を伸ばすのが目的なので、太ももが後ろに倒れないように、ひざの角度は90度をキープしましょう。

 

 

3.門のポーズ

 

  • ホルモン分泌、骨盤、歪みの調整!

 

やり方手順

 

手順1
正座で座ってから、お尻を上げひざ立ちになります。
息を吐いて呼吸を整えて。

 

手順2
右足を横に伸ばし、足先も横に向けます。右手は手のひらを上にして太ももに置きましょう。
息を吸いながら、左手を上げます。

 

手順3
息を吐きながら上体を真横に倒します。
左手は斜め上に伸びるようにし、3呼吸キープします。吸いながら戻したら反対側も行いましょう。
注) 手が顔の前に出ないように
左手は、顔より前に出ないように。手が前にきてしまった時は、上体を倒す角度を浅くして調節をしましょう。

 

 

4.英雄のポーズ

 

  • 下半身の引き締め、ヒップアップに!

 

やり方手順

 

手順1
脚をできるだけ大きく開き、右足先は真横、左足先は内側。
息を吸いながら、両手を方の高さで前に上げます。

 

手順2
息を吐きながら、両手を左右に広げると同時に、右足を踏み込みます。
このままでもOK。3呼吸キープし、吸う息で戻したら反対側も。

 

手順3
できる人は右ひざが90度になるくらい深く踏み込んで3呼吸を。
左のひざを伸ばし、左のかかとが浮かないように注意しましょう。
注)体が前のめりにならないように
脚を踏み込むのと同時に体が前に倒れないように注意して。上体はまっすぐ、上に伸びるように意識を。

 

 

くれぐれも無理は厳禁です。
無理せず自分のペースで行ってください。
無理して体への負担が大きくなると、逆にストレスになってしまいますからね。

 

3.ストレスは溜めないようにしましょう

 

現代社会は普通に生活しているだけでどんどんストレスが溜まっていきます。
ストレスが溜まると緊張感が高まり、自律神経が乱れ、ホルモンバランスを乱す大きな原因となります。
自分なりのストレス解消方法を見てけておきましょう。

 

主なストレス解消法

部位別大人ニキビ

  • 買い物など好きなことをする
  • カラオケで大声を出す
  • ドライブする
  • お風呂に入りリラックスする
  • 大笑いしたり、泣いたりする
  • 胸式呼吸と腹式呼吸など正しい呼吸法を実践する
  • 友達と大騒ぎする

 

ストレスはため込まないことが重要です。
少しでもストレスを感じたら、友達と大騒ぎするなど、こまめにストレスを小出しに解消してしまいましょう。

 

ストレスに関する詳しい関連記事はこちら

 

4.十分な睡眠を心がけましょう

 

睡眠時には「成長ホルモン」を分泌し、肌の入れ替わりを促進します。
安定したホルモンを得るためにも、十分な睡眠を確保しましょう。

 

睡眠はただ長く寝ただけではより良い効果は得られません。
睡眠は良質なノンレム睡眠を確保することが大切です。

部位別大人ニキビ

十分な良質睡眠をとるための注意ポイント

 

眠る前の激しい運動は控える
寝る直前までスマホやPCをいじるのはNG
食事は寝る前の3時間前にすませる
アロマを焚いたり、温かい飲み物を飲む
ストレッチで体をリラックスさせる。

 

寝る前のNG行動をカットして、体を少しずつおやすみモードに切り替えてあげることが良質なノンレム睡眠を確保する有効手段となります。

 

また一定のリズムを身に付けることが良質な睡眠を得るには大切です。
できるだけ毎日同じ時間に寝たり起きたりするように心がけてみてください。

 

睡眠に関する詳しい関連記事はこちら

 

5.ホルモンを活性化させる温かい飲み物を飲みましょう

 

快眠効果のあるホットミルクなどを寝る30分前に1杯飲むのもとても有効です。
ホットミルクには副交感神経をリラックスさせる効果があり、寝付きがよくなります。
飲むときはホットにするよう心がけましょう。
温かい飲みものは、体が温まって血行が良くなるためと、ホルモンバランスが整いやすくなるからです。

 

従って冷たい飲み物はとりすぎに注意しましょう。
身体が冷えると、ホルモンが上手く分泌できにくくなるのです。

 

この他、定番ですが、ハーブティーもオススメです。
ハーブの香りでリラックス効果があります。

 

私が寝る前飲む飲み物として愛用しているのが豆乳です。
イソフラボンたっぷりでおすすめですよ。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事