日焼け止め落とし、指示書通りにやれば問題なし。何故できない?

日焼け止め塗っていたんじゃ流行おくれ!

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

 

日焼け止めの落とし方、実は簡単指示書に従え

 

日焼け止めが原因で肌荒れしてしまったという悩みをいだいている人が結構多いんですね。
この原因はなぜか。
あなたが正しい日焼け止めの落とし方を知らないからです。
実は日焼け止めって種類によって、落とし方が違うんです。知らない人が多いんですよ。
大丈夫そのポイントを紹介しますからね。

 

日焼け止めで肌荒れする4つの理由

 

1.ズバリ肌への刺激が強すぎる日焼け止めを使っている

 

肌への刺激が強いということは、イコール落としにくい日焼け止めなのです。
一般的にSPFの数値が高い(肌への刺激が強い)日焼け止めは、比較的落としにくいと言われています。肌のことを考えるなら、SPF10〜20くらいの低い物を使用することをおすすめします。
この他、肌の奥まで浸透するタイプの日焼け止めは、当然肌の奥までクレンジングするのは難しくなります。

 

2.購入時に落とし方をチェックしていない

 

メーカーや商品によって日焼け止めの落とし方は千差万別。
お湯だけで落とせるをトレードマークにしている商品から洗浄力の強いオイルクレンジングでないと落ちない商品まで色々。
要注意は専用のクレンジング剤でないと落とせない商品です。
この場合、セット購入が必要となります。
日焼け止め購入時には効力以外にも落とし方の方法も正確に確認して購入するようにしてください。

 

3.日焼け止めをキレイに落としきれていない

 

日焼け止めってそう簡単には落ちません。なぜかって、汗で簡単に落ちるようでは駄目だからです。
そのため意識してしっかり落としきらないと残ってしまい、肌トラブルを招く原因となります。
みなさんお出かけ前の日焼け対策には入念に日焼け止めを塗って熱心なのですが、以外と日焼け止めを落とす段階になると無頓着なんですね。
要注意箇所は、小鼻の周りや耳の後ろやうなじなどです。見落としご用心です。

 

 

4.洗顔後の保湿不足

 

日焼け止めを塗った後は保湿が凄く大切です。理由は日焼け止めには、肌が乾燥しやすい成分が多く含まれているからです。このため塗っただけでも肌の乾燥がどんどん進行しています。ニキビトラブルの原因となってしまいます。

 

日焼け止めによる肌荒れトラブル

 

肌荒れの3大トラブル

  • かぶれ
  • かゆみ
  • むくみ

 

これらのトラブルを引き起こす問題成分は

  • 紫外線吸収剤
  • 界面活性剤

 

日焼け止めには、肌を乾燥させる作用があるので、長時間使用はかなり肌にとって負担大です。帰宅後は必ずすぐに洗顔し、落とし忘れのないように心がけましょう。

 

保湿ケアもできる日焼け止め商品が話題になったりしましたが、私的には日焼け止め成分がそのまま肌へ浸透しそうで怖いイメージがわいてしまいます。
とにかく保湿関係は一番重要です。しっかり保湿ケアは専門で行い、日焼け止めを塗るほうがおすすめです。

 

正しい日焼け止めの落とし方

 

正しい落とし方をせずに日焼け止めが肌に残っている場合、一番困ってしまう状況が毛穴づまりです。毛穴をふさぎ続けた状態で、さらにダメ押しで化粧や日焼け止めを重ね塗りするとどうなるか想像しただけで震えがきますね。
これは最悪です。あっという間に肌トラブルが進行し、ニキビも悪化しまくりでしょう。
このような最悪の状態にならないように、正しい日焼け止めの落とし方を紹介します。

 

簡単なことです。各商品には日焼け止めの落とし方がちゃんと記載説明されています。メーカーが自分の商品について一番良い方法を必ず示しています。しっかり内容を理解してその通りに実施すればよいだけです。

 

ウォータープルーフタイプの日焼け止め

 

日焼け止めの中ではいちばん落としにくいといわれるのがウォータープルーフタイプ。
専用のクレンジング剤でないと落とせない商品も多いです。この場合指定された専用のクレンジング剤を必ず購入使用してください。

 

ウォータープルーフタイプにはオイルクレンジング使用が定番。
しかしオイルクレンジングは肌刺激が強いので使いたくないという人もいるのではないでしょうか。
このような人には私は椿オイルがおすすめです。
そもそも個人的には落としにくいウォータープルーフタイプはあまり好きではありません。
当然ですが敏感肌の人はウォータープルーフタイプはNGですよ。

 

ウォータープルーフタイプ以外でも当然クレンジングが必要な日焼け止めがあります。説明書の指示に従ってクレンジングジェルやクレンジングクリームなどを使用してクレンジングしましょう。

 

ウォータープルーフタイプって本当に落ちにくいんですよ。クレンジングの後、洗顔フォームも使用して毛穴に残っている日焼け止めも必ず落としきりましょう。
このW洗顔はネット上でも多くの人が奨励していますね。絶対のおすすめですよ。
そして忘れてはだめな大事なことが保湿です。間違いなくしっかりと保湿してくださいね。

 

石鹸で落とせる日焼け止め

 

「クレンジング不要」と書かれている場合がそうです。指示に従えばOKです。

 

お湯で落とせる日焼け止め

 

ちゃんと指示書にお湯で落とせると明記されていますよ。
間違いないのでしょうが、石鹸は使っておいた方がよいかなと、あくまで私の私的な思いですが・・・。
ここで一点注意して頂きたいことがあります。笑い話のような本当の話です。

 

私の知人がお湯で落とせるとの指示に従いお湯のみで洗顔しました。

 

何が変なのと思っているあなた、実は彼女は日焼け止めの上からメイクをしていたのです。多分おちに気付いた人も多かったでしょうね。
もちろんメイクはお湯では落ちません。クレンジングをおこなってください。

 

これからの時代の日焼け止め

 

肌を守る日焼け止めでかえって肌荒れ起こしてしまう人が非常に多いとの情報を最近よく目にします。
日焼け止めの正しく落とす方法を紹介してきましたが、確かに日焼け止めって落ちにくくて落とし忘れが生じやすいのも事実です。

 

最近では海外においては既に塗る日焼け止めは流行遅れなのですよ。じゃどうするのって話しですが、飲むのです。つまりサプリメントです。
知っている人も多いでしょうが、太陽に負けるな飲む日差し対策サプリって奴です。

 

個人的にもこれからの時代はサプリかなと考えています。
とにかく飲めばよいだけで全身OK。本当に嘘みたいに手軽で便利。今までの苦労は一体何だったんだって感じです。

 

植物成分100%で体への負担も心配無しです。

 

太陽に負けるな!飲むサプリで日焼け対策

 

【サプリメント〜ホワイトヴェール〜】

 

日焼け止めを塗るのが大変で嫌いだ。日焼け止めのベタつきや肌への負担が気になってしまう。そんなあなたにおすすめしたいのが、内側から太陽ケアをしてくれる日焼け止めサプリです。
汗をかいても水に濡れても関係なし!飲むだけで簡単にUVケアができますよ。
紫外線防御作用が認められる成分が高配合されています。
朝飲めば終日OK!持続してケアできるので、日焼け止めのように面倒な塗り直しなどは考える必要なしで済みます。
日本ではまだなじみが薄いようですが、実は欧米などではすでに「飲む日差し対策サプリ」は当たり前となっているんですよね。面倒な手間いらずにストレスフリーでUVケアができます。1度使用すれば手放せなくなること請け合いです。夏場にサラサラの素肌で過ごせるなんて最高な気分が味わえますよ。
焼きたくないけど日焼け止めが苦手な人は、ぜひ魅力的なこの新しいケアにチャレンジしてみましょう。

 

【WHITE VEIL〜ホワイトヴェール〜】

  • 話題の成分ニュートロックスサンを配合した世界最先端のUVケア商品です。
  • 紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ、これ一つで、焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制する便利なサプリ。
  • 1日2ー4粒だけでOK(飲みやすい小さな粒タイプです)
  • 日焼けに負けない。サプリメントだから全身OK。
  • 植物成分100%。100%オーガニックのマルチビタミン&ミネラル配合です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事