皮膚科治療は費用が高くなりがちですが、即効性や確実な効果が実感できます。

皮膚科の最先端ニキビ治療の特徴を各種紹介

あなたがニキビ跡(痕)で悩んでいるなら皮膚科治療を検討しよう

 

部位別大人ニキビ

 

ニキビを悪化させた場合やニキビ跡(痕)の問題トラブルなど、セルフケアでは対応できないケースがあります。そんな時は専門家である皮膚科の医師に相談すべきです。
皮膚科でニキビ治療を受ける際の参考となるように、現在一般的に行われている皮膚科でのニキビ治療について簡単に紹介します。

 

「ケミカルピーリング」

 

ケミカルピーリングとは、酸性のピーリング剤を塗り、肌の古い角質、汚れなどニキビの原因を取り除くことでニキビ治療を行います。
薬剤によっては、肌の表面だけでなく皮膚深層にまで効果をもたらすものもあります。
正常な肌は、ターンオーバーや毎日の洗顔やスキンケアにより古い角質は垢となり剥がれ落ちていきます。
ターンオーバーに乱れが生じると肌表面に古い角質が溜まり、「肌がゴワつく」、「くすんで見える」、「毛穴が塞がる」という症状があらわれます。
角質が溜まり毛穴が古い角質でフタをされてしまうと、毛穴に皮脂が溜まり、やがてアクネ菌が繁殖し、赤く腫れたニキビになります。
ピーリングを行うことで、古い角質をキレイに落とすことでニキビを予防し、ニキビの跡が残るのを防ぎます。

 

「カーボンピーリング」

 

「カーボンピーリング」はレーザーや光治療(IPL:フォト治療)により、毛穴の開き、黒ずみ、頑固なニキビやニキビ跡に効果的です。
特殊なカーボンローションを毛穴に塗布した後に、レーザーや光(IPL)照射することで、その際に発生する熱エネルギーがカーボンの色素に反応し、毛穴の奥の細胞に熱刺激を与えることで、再生修復機能(創傷治癒)を促します。これにより、毛穴の老廃物やメラニンが除去される他、肌内部の弾力線維(コラーゲンなど)の生成が促され、毛穴を引き締めることでニキビにも効果的です。

 

「IPL(Intense Plused Light)」

 

IPLとは「intense pulsed light(インテンス・パルス・ライト)」の頭文字をとった略語です。
こちらはレーザーではなく光での治療です。フォトフェイシャルと呼ばれている光治療もIPLの一つです。
フォトフェイシャル(IPL治療)とは、IPL(Intense Plused Light)という光を顔全体に照射し、ニキビ跡(痕)、しみやしわ、くすみ、そばかす、赤ら顔など、さまざまな肌のトラブルを改善する最新の美容医療です。皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させる効果も期待できます。肌トラブルの原因(メラニンや毛細血管など)のみを対象に照射できるため、周辺の肌に副作用が無く、安全な美容医療、アンチエイジングとして人気が高まってきています。

 

「レーザー治療」

 

IPLなどで使用する光よりさらに強い効力をもつ光(レーザー)での治療です。

 

レーザーには以下のようにさまざまな種類があります。
「フラクセル」、「フラクショナルレーザー」、「炭酸ガスレーザー」、「エルビウムヤグレーザー」、「パールフラクショナル」、「スターラックス」、「アンコア」、「Qスイッチルビーレーザー」、「Qスイッチヤグレーザー」

 

レーザーは強い効力をもつ光でIPLより効き目を期待できますが、その分皮膚へのダメージも強いので、皮膚が再生するまでの時間がかかってしまいます。
欧米人と比較してメラニンが多い日本人の場合、シミを取るために必要なレーザーのパワーを使用すると、シミは取れたけどその後「炎症後色素沈着」と呼ばれる、まるでシミが再発したかのような現象が起こりがちです。
いかにシミだけを取り、他の部分にレーザーのダメージを与えないかが重要であり、照射時間をより短くするという考え方が必要となります。

 

「フォトダイナミックセラピー(PDT)」

光線力学療法PDTとは「Photo Dynamic Therapy」(フォトダイナミックセラピー)の略です。
光に対して反応するポルフィリン(光感受性物質)と、光線を組み合わせて行うニキビ専門の治療法のことです。
特殊光に対して反応するアミノレブリン酸という薬を服用し、ポルフィリン(光感受性物質)という物質を大量につくりだします。ポルフィリンに光を当てることで大量の活性酸素を発生させて、皮脂分泌機能を抑制して皮脂が激減する状態をつくり、ニキビ菌を一気に滅菌する治療法です。
皮脂を抑える作用はレーザー治療・光治療の中で郡を抜いて高いです。アクネ菌の殺菌作用も高いです。
皮脂腺を破壊するので、皮脂を抑えられ、ニキビができにくくなります。また、テカリや化粧崩れなどのオイリー肌の改善にも役立ちます。

 

「ダーマローラー」

 

ダーマローラーとは極細の針(お肌の症状にあわせて、最適な長さのローラーを使用)を用いて、これを肌表面の上で転がし、表皮の角質と真皮に微細な穴を開けます。
この微細な刺し傷に対し、皮膚の細胞から様々な細胞の成長や傷の回復を早める働きがある成長因子が分泌されます。
ダーマローラー療法は、この人体の生理的反応により放出される成長因子の働きを利用して、肌内部から再生サイクルをつくり、様々な症状を改善していきます。
治療時には麻酔クリームを塗るので痛みはありませんが、数日は赤味が出るなどのダウンタイム(皮膚が再生するまでの時間がかかる)があるようです。

 

「イオン導入」

 

今まで浸透させることができなかった分子量の大きい有効成分を、超音波などを利用することで針を使わず肌の奥深くに浸透させる新しい導入法です。
イオン導入は他の治療に比べて肌へのダメージがほぼなく行えるのが特徴です。
ピーリングなどの他の治療とセットで行うことも多いようです。

 

「皮脂腺熱焼却法」

 

ニキビの原因となる皮脂腺自体を直接破壊治療する画期的な最新ニキビ治療です。
炎症ニキビを根本から治療するため再発させません。
「同じ場所に繰り返しニキビができる」「痛みのある炎症ニキビを一刻も早く治したい」といった悩みの人におすすめです。
皮脂腺熱焼却法は、ニキビ圧出によりニキビの中に詰まっている膿を取り除いたあとに、部分絶縁された微細針を用いて、ニキビ1つ1つに直接高周波(RF)エネルギーを照射し、ニキビの原因となる皮脂腺のみを直接破壊し炎症を鎮静させます。
ニキビの根本原因となっている皮脂腺自体を再生不能にすることで、皮脂の過剰分泌が抑制でき、繰り返す炎症ニキビを再発させません。

 

「ニキビ圧出」

 

ニキビの炎症を早めに抑えることで、ニキビの悪化を防ぎ、ニキビ跡を最小限に抑えます。
ニキビ圧出とはニキビの頂点に小さな針穴を開けたあと、面ぽう圧出器という器具を用いてニキビの中にある膿や皮脂を取り出し、ニキビの炎症を早期に抑える治療です。
高い殺菌効果や炎症抑制効果を発揮させ、ニキビ跡を最小限に抑えながら、ニキビの悪化を防ぎます。
自分で膿を出そうとニキビを潰してしまうと、炎症後化膿を起こし跡が残ることがあります。自分でニキビは潰さないようにしましょう。

 

まとめ

 

  • 簡単に皮膚科の最新ニキビ治療を紹介しましたので参考にしてください。
  • 専門医である皮膚科治療の場合、費用が高くなりがちですが、即効性や確実な効果が実感できます。
  • 不安やトラブルがあった場合にも、医師に相談すれば適切な処置をしてもらえ安心ですが、レーザー治療など刺激が強い治療法のため、信頼できる医師を選ばないと肌トラブルが起こる可能性もありますので注意しましょう。

 

これらの治療は基本的に美容目的となり、健康保険が適用されず自費治療になるため治療費は高額になる場合がありえます。治療を考える場合は経済面もしっかり事前検討し判断するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事