部位別鼻ニキビケアの方法

hananikibi

鼻ニキビの特徴と治し方

部位別大人ニキビ

「イチゴ鼻」って聞いたことありますよね。
黒いポツポツが目立ち本当にイチゴのイメージが浮かぶニキビです。
かわいいネーミングのニキビですが「イチゴ鼻」には多くの人が悩まされています。

 

鼻ニキビは正しいケア方法が大切です。間違ったケアを実施すると悪化しやすく注意が必要です。このようにやっかいな鼻ニキビを治すために、間違ったケアと正しいスキンケア方法を紹介していきます。

 

鼻ニキビの原因
イチゴ鼻の主な原因は毛穴の汚れです。

 

鼻部位の特徴

  • 鼻は顔中で毛穴の数が1番多い
  • 最も皮脂の分泌量が多く、皮脂を蓄積しやすい
  • 鼻の毛穴は他の部位よりも深い

 

鼻ニキビは大量の毛穴があるため、皮脂が多くなり毛穴が詰まりやすくなるのが原因です。

 

鼻ニキビができやすい人の特徴

  • 生活習慣の乱れ(ストレス・睡眠不足・偏った食生活・運動不足など)
  • 鼻を手で触る癖がある
  • 皮脂分泌が多く鼻がテカりやすい
  • ファンデーションなどのメイクの洗い落としがある
  • 鼻パックを頻繁に実施する
  • 油性クリームを好んで使う

 

鼻ニキビで悩むあなたは上記項目に思い当たるものがあったでしょうか。該当数が多いほど鼻ニキビはできやすいですよ。

 

生活習慣の乱れはホルモンバランスの崩れに繋がり、男性ホルモンの増減に影響します。
手で触ることは全てのニキビ悪化の主原因です。雑菌であふれる手での刺激は炎症を引き起こす要因となります。
鼻ニキビ対策として鼻パックをする人が多いのですが、実際は刺激が強く、角栓や皮膚表面の角質に傷を残すことになってしまいがちです。
お肌に過剰な油分を与えるのはNGです。油分が毛穴詰まりを起こし、アクネ菌の大量繁殖を起こしてしまいます。

 

鼻ニキビを治すための正しいスキンケア方法

 

鼻はターンオーバーが遅れやすい部位といわれ、おでことともにトラブルの多い場所です。
これは鼻は毛穴の数が多く、深いため脂っぽい場所になりやすく、アクネ菌が繁殖しやすい条件となっているからです。

 

鼻ニキビは毛穴汚れの状態で正しくケアしてあげれば改善します。放置すると黒ずんで黒ニキビに進化してしまうので、早い段階での適切なケアが大切です。

 

鼻ニキビはまだ化膿前の初期段階のニキビです。
イチゴ鼻のほとんどは黒ニキビですので、穴に詰まった角栓を取り除いてあげれば改善できます。

 

正しい洗顔方法を学び実践する
洗顔により毛穴をきれいにする。
毛穴に詰まった角栓を取り除いてキレイにする。

 

NG洗顔方法

  • 1日に何度も洗顔する
  • ゴシゴシ洗いする
  • すすぎ残しがある
  • 冷水や熱い温度の湯ですすいでいる

 

1日朝、夕の2回を洗顔の基本としましょう
手でこすらず、しっかりと泡立て泡で洗う感じ
ぬるま湯(34〜35℃)ですすぐ

 

間違ったスキンケアは肌の負担

 

間違ったスキンケアはニキビを引き起こします。
ニキビを防ごうと、過剰に洗顔したり、パックをしたり、ピーリングなどをするのは要注意。
逆に必要な皮脂を取り除いてしまって、皮脂分泌を過剰に引き起こしてしまったり、肌が敏感になってしまい、ニキビを引き起こしてしまいます。

 

 

鼻ニキビのスキンケアに適した商品の選び方

 

肌に優しく油分の少ない洗顔料を選びましょう。
注意する成分
合成界面活性剤やスクラブ入りの洗顔料は選ばない。肌を乾燥させたり、傷つけたりします。
油分は安い洗顔料でよく使われている保湿成分ですが、肌に油膜ができ美容成分の浸透を妨げます。

 

市販のドラッグストアなどの商品で“保湿成分配合”と表記されているものは注意しましょう。「油分」が使用されています。

 

鼻ニキビ対策のスキンケア商品

 

上記注意点を考慮して当サイトがオススメする洗顔料は、泥洗顔のベストセラー商品「どろあわわ」(イチゴ鼻さんに絶大な人気を誇る)です。

 

 

【どろあわわ】

 

  • くすみが取れ肌がワントーン明るくなり若返ります。
  • 贅沢な保湿成分でお肌しっとり洗顔を叶え、乱れがちな潤いバランスを整えます。
  • マリンシルトとベントナイトという天然クレイで毛穴の汚れと黒ずみをこすらず吸収オフ

 



 


 

上記注意点を考慮して当サイトがオススメする鼻ニキビケア商品は、鼻のトラブル対策用美容液「リメリー」です。

 

 

【リメリー】

 

  • 業界“初”のいちご鼻美容液
  • プラセンタ&大豆イソフラボンでお肌を徹底保湿
  • 幹細胞に働きかけるカモミラエキスで寿命を伸ばし若い肌を維持します。
  • 無添加成分フリーで低刺激へのこだわり

 



 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事