便秘は大人ニキビの天敵。便秘対策で大人ニキビも改善。

規則正しく3食とり、朝1杯の水を飲むから便秘対策を始めよう!

便秘の影響と大人ニキビ

部位別大人ニキビ

 

便秘で悩んでいる女性って本当に多いですよね。
実は便秘で悩んでいる人は同時にニキビでも悩んでいる場合が非常に多いのです。
大人ニキビに悩まれている人の原因が実は便秘である可能性が高い。
便秘が続くと、体内に本来なら排出すべき老廃物や有害物質が蓄積されます。
有害物質は、腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やしていきます。
皮膚細胞を活性化させる物質にビオチンと呼ばれるビタミンがあります。
善玉菌はビオチンを含め、さまざまなビタミンを作っているため供給量が減ってしまうんだな。このため皮膚の新陳代謝が乱れ大人ニキビなどの肌荒れが生じ易くなります。

 

さらなる便秘の影響は

部位別大人ニキビ

  • 自律神経の乱れ
  • 血流の悪化
  • 食欲低下
  • 疲労感

など多岐に渡る。

 

便秘の種類(4種類に分類)

  • 弛緩性(しかんせい)便秘
  • 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
  • 直腸性便秘
  • 器質性便秘

便秘とニキビには明らかな相関関係があります。
その理由として、便秘に悪い食事や生活習慣はそのままニキビにとっても悪いのです。

 

活性酵素がニキビを悪化させる

 

便秘になると悪玉菌が増えて活性酵素という物質を発生させます。活性酵素は肌荒れを引き起こす作用があり、お肌の大敵です。

 

便秘対策

  • 1日3食きちんととる。
  • 朝起きたらまずコップ1杯の水を飲む。
  • 朝食後にトイレに行くことを習慣づける。

 

1日3回規則正しく、バランスよく食事をとることが大切です。
朝なかなか食べられない人もいますが、量は少しでも構いませんので必ず朝食をとりましょう。
朝起きたときに水を飲む習慣を身に付けましょう。睡眠時に水分が奪われています。便が適度な水分を保っていないと、ますます排出されにくい原因の一つとなります。水分補給はたっぷり目でお願いします。
腸内環境を整える乳酸菌(ヨーグルト・ナチュラルチーズ・納豆、キムチなどの発酵食品)や食物繊維を含む食品(野菜・藻類・豆類)を積極的に摂取しましょう。

 

適度な運動を週刊付ける

  • 運動不足もまた便秘を引き起こす大きな原因です。
  • 日常生活に適度な運動を取り入れることで、自律神経を整えると共に大腸のぜん動運動も促進されます。
  • 全身運動(ウォーキングなど)と、腹筋を鍛える運動を習慣づけるとよいでしょう。

部位別大人ニキビ

腹筋運動

  • 腹筋を鍛えることで便を押し出す筋力がつく。
  • 腹部の血行を促進するため、胃腸の働きが高かまり、自然と排便を促します。

 

お腹への按腹マッサージ

 

お腹に直接施す按腹マッサージをしてみましょう。腸を刺激し、排便を促す効果があります。
上向きに寝た状態で膝を立てて、お腹を手の3本指かにぎりこぶしで押さえます。「の」の字を描くように、軽く押してマッサージします。息を吐きながら押さえその後息を吸うの要領で行いましょう。必ず時計回りで行ってください。リラックスした状態で、ゆっくりと20〜30回ほどおこなうと効果的です。

 

便秘薬の常用は控えましょう。便秘薬は大腸を強く刺激します。習慣化してしまうと、大腸の排便機能自体が弱まってしまう可能性があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事