驚きの真実!汗をかくことはニキビの改善に効果的

汗とニキビの真実の関係を探る

夏にニキビができるのは、汗をかくからと言われてきましたが、はたして真相はどうなのか?

 

  • 汗をかかないように気をつけているのに全然治らない

 

  • 最近はエアコン完備で夏場でもほとんど汗をかかないのにちっともニキビが良くならない

 

汗って本当にニキビの天敵などの声が最近日増しに高まっています。

 

真実はいかに!

 

皮膚科医などの専門家に聞いてみると、なんとあっさり、実は汗とニキビの関係は大きな誤解、ただの俗説との回答。

 

むしろ、正しいケアをすれば汗をかくことはニキビの改善に効果的。

 

などという衝撃の答えが返って来たのです。

 

もう1度根本から汗とニキビの関係を見直してみましょう。

 

基礎から徹底的にという趣旨に基づき、まずは汗がどういうものであるかを正しく知ることから始めましょう。

 

汗の正体はほとんど99%が水分。
残り1%は何かといえば、塩化物や尿素などを含んだ体液です。

 

それではあのベタつきは何なのでしょう。

 

原因は皮脂。

 

肌の表面に存在する皮脂が、多量の汗によって浮き出ることで、ベタつきやニオイの元となってしまうのです。

 

また正しくいえば皮脂がニキビの原因ではなく、角質の乾燥、男性ホルモン過多による毛穴の収縮などが根本原因。
この結果、角質層から剥がれ落ちた角栓が詰まることでニキビが発症します。

 

夏場ニキビの原因

 

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

  • 紫外線で肌がダメージを受けること
  • 冷房による肌の乾燥

 

毛穴に皮脂が溜まり雑菌が繁殖しニキビを悪化させるため、汗をこまめに拭きとるなどのケアは大切です。
しかし、汗をたくさんかくこと自体がニキビの原因ではありません。

 

汗は汗腺から放出されますが、汗腺と毛穴は別物です。
そのため、汗をかくこと自体が、毛穴に皮脂が溜まるというわけではないのです。

 

汗をかいてニキビを改善する

 

思わず目が点になっちゃいます。
なぜ汗をかいてニキビが治せるの。

 

この疑問にズバリ答えます。

 

良い汗をかきましょう。

 

ますます意味が分からないって。

 

汗には良い汗悪い汗があるのです。

 

良い汗とは、サラサラ感じる小粒の汗。成分のほとんどが水分です。

 

悪い汗とは、ベタベタ感じる大粒のじっとりした汗。
成分にミネラルや塩分などが比較的多く含まれ、ニオイの元となり、蒸発しにくい。

 

サラサラ感じる良い汗はほとんどが水分。
そのため、肌の角質層を適度にうるおしてくれる効果があります。

 

良い汗でうるおうことは、角質の乾燥を防ぎニキビ予防にもつながります。
さらに毛穴の汚れを洗い流してもくれます。

 

なんと汗ってこんなにもニキビ予防に効果があったのですね。

 

汗とニキビの正しい関係が理解できたのではないでしょうか。

 

ニキビの改善には、サラサラ感じる良い汗を健康的にかくことが大切なのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事