「アクネ菌VS白血球」の戦争により赤ニキビに進化します。

アクネ菌って思った程悪い奴ではないんです。

部位別大人ニキビ

 

アクネ菌を理解し大人ニキビを改善しよう。

 

大人ニキビの原因となるニキビ菌であるアクネ菌の性質を理解しましょう。

 

大人ニキビを引き起こす原因菌はアクネ菌、あるいはアクネ桿菌と呼ばれる細菌です。
正式名称はプロピオバクテリウム・アクネスです。

 

あなたは「常在菌」(肌のバランスをコントロールし、正常に保つために必要とされる菌)という言葉聞いたことありますか?

 

普段から人間の身体に住み着いている細菌のことです。

 

アクネ菌は常在菌の代表であるブドウ球菌と同じくらい、人の肌に多く存在しています。
アクネ菌はニキビ菌とも呼ばれ、アクネ菌が存在することでニキビが出来るのです。

 

腸内細菌も常在菌として有名です。よく善玉菌、悪玉菌という言葉を聞きますが、善玉菌優位の状態をキープすればむしろ病原菌から守ってくれるなど、健康状態に良い影響を与えます。
アクネ菌もそういった細菌と同じなのです。

 

大人ニキビとアクネ菌の関係を詳しく見ていきましょう。

 

アクネ菌の特性は空気を嫌い、脂肪を好むため、空気が入らず、脂肪分が多い場所に住み着く習性を持っています。

 

このため普段は空気を避けて毛穴の中でおとなしくしているのです。ところが大好物の脂肪が過剰分泌で増えるととたんに活発に活動を開始します。
活動により酸素を作り、その酸素が毛穴に詰まった皮脂などを酸化させ、肌を痛め、炎症を起こし、膿の発生へと症状悪化していきます。

 

このようなアクネ菌の活動を見ると、アクネ菌は悪者だ。やっつけてしまえと考えがちですが、脂肪を過剰分泌させたことにより、アクネ菌が活動し大量繁殖したことが問題なのです。
適正量であればアクネ菌はむしろ良い奴なんです。皮膚の酸性度を調整し、他の病原菌の侵入や繁殖を防ぐ役目をしてくれます。

 

アクネ菌にも善玉悪玉が存在するんですよ。

 

細かく分子化するとアクネ菌は66種類も存在します。
大別すれば3種類となり、そのうち悪玉は2種類、善玉は1種類だそうです。
善玉のアクネ菌は肌のpHを4〜6の弱酸性に維持し、病原菌の繁殖を抑えてくれているのです。

 

アクネ菌は毛穴の中で大好物の皮脂を食べ代わりに「ポルフィリン」という有害物質を出します。

部位別大人ニキビ

アクネ菌が分泌するポルフィリンという物質は、紫外線が当たると大量の活性酸素を生み出し、にきびの炎症や皮膚細胞を破壊する働きがあります。

 

この有害物質を排除しようと免疫細胞である白血球が活動開始します。たちまち「アクネ菌VS白血球」の戦争が起こり、白血球の死骸で毛穴は赤く腫れ上がっていき赤ニキビに進化していきます。

 

大人ニキビが悪化するのは毛穴の中に悪玉アクネ菌が入り込み、「ポルフィリン」という有害物質を出し、活性酸素を生み出すためです。
常在菌であるアクネ菌を完全に殺菌することは不可能です。

 

悪玉アクネ菌の住処である角栓によって塞がれた毛穴を作らないようにすることが大切なのですよ。
この対策は洗顔です。正しいスキンケア商品を使用して、正しい洗顔方法でアクネ菌の過剰繁殖を抑えましょう。

 

「NonA(ノンエー)」

 

  • 7万人の肌トラブルを研究してつくられた洗顔石鹸!
  • グリチルリチン酸2K配合のニキビ専用洗顔石鹸「NonA(ノンエー)」です。
  • グリチルリチン酸2Kは甘草の根や茎から抽出される成分で、お肌の炎症を抑えてくれます。
  • 通常石ケンの4倍もの弾力があるキメ細かい泡立ちが特徴です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事