赤ちゃんのモチモチのツルツル肌にニキビが出来るって本当

赤ちゃんの乳児湿疹の原因はお母さんのお腹の中にあった!

赤ちゃんの新生児ニキビ対策全て教えます

 

生まれてきたばかりの新生児のお肌は本当にみずみずしくてモチモチのツルツルですね。ニキビに悩むことの多い大人にとって「赤ちゃんのような素肌」は憧れです。
赤ちゃんは肌の悩みなんてないだろうなと思う人は多そうですが、実際は赤ちゃんもニキビや湿疹などの肌トラブルに悩まされているのです。
生後2週間を過ぎた頃から、何やら赤いプツプツがなんてことが当たり前に起こります。
“乳児湿疹”と言われるもので汗疹やニキビ等いくつかの症状があります。
新生児の新陳代謝はとても早いため、新生児ニキビが一つできたと思ったら、あっという間に増加して驚かされますが、心配無用です。増えるのも早いですが、同様に治るのも早いのです。暫くはあっという間に出来て、あっという間に治るの繰り返しが続きます。生後三か月を過ぎたあたりから症状は治まってきますので安心していてください。

 

乳児湿疹の原因

 

なぜ生後三か月を過ぎたあたりまでニキビが盛んにできるのでしょうか。
これにもちゃんと理由があります。
お母さんのお腹の中でもらった男性ホルモンが影響しているんですね。
男性ホルモンはニキビを出来やすくする効果があります。このため男性ホルモンの影響をより受けやすい男の赤ちゃんは、5倍も女の赤ちゃんより新生児ニキビが出来やすいそうです。この男性ホルモンの影響が薄れ出すのが生後3カ月くらいからなのです。
このため自然にニキビは治まり消えていくのです。

 

乳児湿疹のケア

 

乳児湿疹である新生児ニキビは生後三か月を過ぎれば自然消滅していきますが、悪化させることなく、1日でも早く治してあげるためのケア方法は肌を清潔に保ってあげることです。
優しく優しく石鹸を使用して洗ってあげましょう。
石鹸の選択も重要です。ベビー用石鹸であればほぼ大丈夫ですが、なかには赤ちゃんに刺激が強すぎるものもあります。優しい成分しか含まれていないものを是非使用してあげてください。
沐浴の際などに1日2回、石鹸をしっかりと泡立てて、指の腹等の柔らかい部分で優しく洗顔してあげるのがおすすめです。
間違っても石鹸でゴシゴシ洗って赤ちゃんの肌に刺激を与えたりしないでくださいね。刺激は赤ちゃんニキビにとってはNGですよ。石鹸の泡で丁寧に撫でるように愛情を注いであげれば問題無しOKです。
すすぎはお湯を含ませたガーゼなどで優しく拭ってあげるのが良いでしょう。この際、すすぎ残しが無いように気を付けて下さい。泡汚れが肌に残ってしまうと、そこからまた問題が発生してしまいます。最初のうちは赤ちゃんが嫌がったりするため、慣れないお母さんは大変かもしれませんが、何度か行ううちに赤ちゃんも慣れてくれますよ。洗顔後は肌が乾燥しがちなので、赤ちゃん用の低刺激なベビーローション等を塗ってあげると保湿が保たれます。
なかには生後3〜6ヶ月を過ぎると、乾燥性の湿疹が出来てしまう赤ちゃんもいますので、十分注意してあげてください。

 

赤ちゃんは大汗かきこまめに拭いてあげましょう

 

赤ちゃんは汗かきです。汗をかいたらすぐに拭いてあげましょう。
赤ちゃんが汗かきなのにもちゃんと理由があります。
小さな体の赤ちゃんですが、汗を出す汗腺の数は大人とほとんど変わりません。このため濃密度で汗腺がありますから大人よりよっぽど新生児は汗かっきなわけです。デリケートな肌の新生児です、ニキビの出来ているところに汗をかけばすぐに拭いてあげることが必要です。油断するとすぐ悪化しちゃいますからね。赤ちゃんは自分では何もできません。お母さんは大変でしょうがこまめに対応してあげてください。新生児用の汗拭きシートで拭き取ってあげるのがおすすめです。
ウェットティッシュでもいいですね。

 

赤ちゃんを清潔にしてあげましょう

 

赤ちゃんって可愛いですよね。つい見た目に騙されて赤ちゃんが清潔と思いがちですが、意外と赤ちゃんは不潔なのです。自分では何も出来ません。お母さんが気づいてあげて清潔にしてあげなければ汚れてしまう一方です。
赤ちゃんは汗かきですし、よだれまみれなんです。
汚れは新生児ニキビを悪化させてしまいます。大変でしょうが、綺麗にしてあげられるのはお母さんしかいません。出来る限りこまめにお手入れしてあげましょう。

 

身の回りのお手入れポイント

  • 枕やシーツは多めに用意
  • 枕やシーツはこまめに交換
  • タオルはこまめに朝昼晩と最低3回は交換

 

赤ちゃんは寝ていることしかできません。ずっと過ごしている寝具の状態は非常に重要です。
枕やシーツは赤ちゃんの汗やよだれ、吐き戻したミルク、母乳等で汚れています。赤ちゃんの頬がよく触れる所ですので、ニキビができている時には特に注意して多めに用意してこまめに取り替えてあげましょう。
タオルで赤ちゃんの口の周りを拭き取れば、食べこぼしなどの汚れやよだれなどであっという間に雑菌が繁殖します。タオルは一度使ったら新しいものに取り変えると安心です。朝昼晩と最低でも3回はタオルを変えるようにしましょう。

 

赤ちゃんの爪は要注意

 

赤ちゃんの顔をちょっと注意してよく見ればしょっちゅう引っ掻き傷をつくってますよね。
この原因は赤ちゃんの皮膚の厚さのためです。大人の1/10の厚さなんですよ。このためちょっとした刺激ですぐ引っ掻き傷が出来てしまいます。
ニキビができるとかゆみのため、つい手で触ってしまう機会が増えてしまいます。手は雑菌だらけ、ニキビを刺激して悪化させてしまいます。また、爪で引っかいて炎症を悪化させることもあるでしょう。
赤ちゃんに「ニキビを触っちゃダメ」と言っても無駄ですから、手を清潔にして爪はこまめに短く切ってあげることが大切となります。

 

紫外線に注意しましょう

 

生後1か月以上経過して免疫力も向上すれば外に出かける機会も増えてきます。このとき気を付けてあげて欲しいのが紫外線対策です。
強い直射日光が直接肌に当たらないように気を付けてください。赤ちゃんの薄い皮膚では肌の奥まで紫外線の影響が生じてしまいます。水分が蒸発して肌が敏感になりニキビが出来やすくなります。
帽子やベビーカーの日よけを利用して、直射日光から赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

 

何かあれば早めにお医者さんに相談しましょう

 

通常新生児ニキビは、長引くこと無く、短期間できれいに治る場合が多いです。
しかし、こんな症状になり普段のケアではニキビの回復が困難と感じた時には早めに皮膚科を受診する方がよいでしょう。

 

  • ニキビが膿(うみ)を持ち、ジュクジュクした状態にまで悪化した。
  • 赤ちゃんがかゆがって顔をよくこする。
  • 顔を引っ掻いている。
  • 眠る前にぐずり出す。
  • 眠っているときによく目を覚ましてぐずる。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事