部位別あごニキビケアの方法

部位別あごニキビケアの方法

あごニキビの特徴と治し方

部位別大人ニキビ

大人ニキビといえば「あごニキビ」といわれる存在です。
フェイスライン(Uゾーン)はTゾーンに比べて汗腺が少ないため汗をかきにくく、乾燥しやすい特徴があります。このため肌の内側が乾燥する「インナードライ」となりやすく、皮脂の分泌が多くなり、ニキビができやすい場所です。

 

顎(あご)の周辺は肌のターンオーバーが遅い特徴があります。そのためニキビが治りにくく、ニキビ跡も残りやすく要注意箇所です。
男性はとくに炎症性ニキビが出来やすく、ひどいニキビ跡が残ってしまうケースがあります。

ホルモンバランスの崩れ

「ホルモンバランスの乱れ」は人関係のストレスや生活環境の乱れ、PMS(月経前症候群)などにより簡単に影響を受けます。ホルモンは微量の変化で人体に大きな影響を与えます。

 

男性の顎ニキビは男性ホルモンの過剰分泌による皮脂増加が原因のニキビであることが多いのです。

 

女性は生理前に男性ホルモンの分泌が活発になるため、フェイスラインにニキビが発生しやすくなります。女性であれば誰しも経験あると思います。髭の生える部位だけに男性ホルモンの分泌の影響箇所なのです。

 

男性は髭が生えるために毛穴が開いています。女性の毛穴は発達しません。そのため毛穴がすぐにつまり、ニキビをつくる原因となるのです。
生理前には「黄体ホルモン」というやつが一気に分泌されるのです。「黄体ホルモン」は「男性ホルモンのアンドロゲン」と同様の影響をあたえるためニキビ発生しやすくなります。

顎への刺激を抑える

フェイスラインにニキビができやすい原因として肌への刺激があります。
無意識のうちに癖でついついアゴやフェイスラインを手で触っています。手は雑菌だらけですからね。

 

刺激要因は少し考えただけでも下記のようにいくつも思いあたります。

 

  • 無意識に手で触る
  • 頬杖をつく
  • ケータイを顎に付ける
  • 鉛筆などを顎に当てている
  • メイクや洗顔料が洗い残っている

 

マスク

部位別大人ニキビ

顎部分の外部刺激要因にマスクの着用があります。
ニキビを隠す目的で使用したマスクが、実はニキビの原因になったのでは笑い話にもなりません。
マスクとの摩擦による刺激はもちろん、長時間使用時には内部が蒸れてしまいアクネ菌の繁殖を招きます。
マスクの長時間使用は避けて、こまめに取り換え清潔使用を心がける。マスク越しに手で触って刺激を与えない。大き目のマスク使用で通気性を良くするなどが注意点となります。

 

髭剃り

部位別大人ニキビ

男性の場合、髭剃りがニキビの要因となります。
髭剃りは刺激が強く、カミソリの刃で肌を傷つけています。カミソリの刃も清潔に保たないとすぐ雑菌だらけです。

 

床屋は髭剃り前に蒸しタオルで顎の部位を温めてから髭剃りをしてくれますよね。プロの行いに間違いはありません。これは髭剃りの刺激を弱めるのに効果大らしいです。

 

朝の忙しい時間帯に、毎日こんなことしている暇なかなかありませんが、アゴやフェイスラインのニキビに悩む人は実践してみましょう。

食事を見直し胃腸を整える

口周りニキビでも述べたが、胃腸が弱るとニキビの発生に直結します。
暴飲暴食を控え、食事はビタミン豊富な緑黄色野菜中心にバランス良くとってください。

 

ここで食事の見直しの記事をのせたのは、ぜひおすすめの食べ物を紹介したかったからです。

 

それはバナナです。

部位別大人ニキビ

 

バナナには女性ホルモンや、生理前の肌トラブルに効果があるビタミンB6が含まれています。

 

バナナと聞いて、正直な〜んだと思った人は多いでしょう。
私の知り合いの女性で生理前ニキビに悩んでいた人が、バナナを食べるようにしてすごく効果があったのです。
実際に効果をまの当たりに自分の目で見ましたので紹介してみました。

 

バナナなんて簡単に食べられるのでぜひ1度試してみてください。
少しでも効果があったと感じられる人がいれば幸いです。

 

 

あごニキビ対策のスキンケア商品

 

MELLINE(メルライン)

 

簡単特徴紹介

  • あご・フェイスラインニキビ専用スキンケアといわれるメルラインが一押しです。
  • 厳選10種類の高保湿成分が肌の潤いを守り、あごニキビケアが謳い文句だけに、こだわりの保湿成分がたっぷり使われプルプルお肌を保ちます。
  • 独自抽出のビオカタライザープラセンタを配合して、ターンオーバーの乱れを守り、エイジングケアまでサポートします。
  • アロマ「ティー・トリー」配合で深いリラックス効果が期待できます。

 

あごやフェイスラインにばかりニキビができる3大原因

 

ストレス、ホルモンバランス、加齢によるターンオーバーの乱れ

 

ストレスやホルモンバランス、加齢などの理由により、ターンオーバーが乱れると古い角質で毛穴が詰まってしまいます。

 

ターンオーバーの低下によって肌のバリア機能が低下し、乾燥の原因となります。

 

それにより角質を厚く、堅くし、ニキビをさらに頑固にする原因ともなります。

 

これらの一連の流れの原因により、あごやフェイスラインにばかり繰り返しニキビができることとなります。

 

あごは汗をかかないため、乾燥しやすい

 

あごやフェイスラインは、Tゾーンなどに比べ汗腺の少ないという特徴があります。

 

汗をかきにくいため、乾燥しやすい箇所となり、肌の内側が乾燥している「インナードライ」の肌状態を招き、皮脂分泌をさらに過剰にしてしまい、ニキビの原因となるのです。

 

部位別大人ニキビ

 

毛穴が小さく、皮脂が詰まりやすい

 

部位別大人ニキビ

あご・フェイスラインはTゾーンなどに比べ、毛穴が小さく皮脂が詰まりやすい。
皮脂が詰まると皮脂を外に出すことができなくなり、にきびの原因、悪化につながります。

 

 

あご・フェイスラインのニキビ対策

 

  • 潤い成分をたっぷり与えて健康な肌サイクルを構築

 

この法則を守って生まれたのが、あご・フェイスラインのニキビ専用ジェル「メルライン」

 

メルラインなら、以下の困ったちゃん状態でも大丈夫。

 

部位別大人ニキビ

 

メルラインの効果の秘密

 

徹底保湿成分を高濃度配合

 

成 分 効 果
水溶性コラーゲン 高粘度による高保湿効果
アセチル化ヒアルロン酸 高い肌親和性をもったヒアルロン酸
濃グルセリン 高粘度による高保湿効果
ヒアルロン酸 身体に水を溜める高保湿力
加水分解ヒアルロン酸 角質へ浸透するヒアルロン酸
トレハロース 内側から潤いをもたらす
BG 乾燥を防ぎ保湿を促す
ステアロイルフィトスフィンゴシン 角質層でしっかり保湿
トリチメルグリシン 角質の水分量を保ち、みずみずしい肌へ
1,2_ヘキサンジオール 保湿と抗菌効果

 

  • メルラインのプルプルお肌を保つ秘訣は、10種類もの保湿成分の高濃度配合。

 

独自抽出ビオカタライザープラセンタ

 

  • メルラインは、長年の研究から開発された、独自抽出ビオカタライザープラセンタを配合。
  • ビオカタライザープラセンタは通常のプラセンタより、高い純度・高濃度のエキス。
  • メルラインは独自の抽出法により、その効果をさらに高めています。
  • メラニンを抑制する美白作用、皮膚への保湿、皮膚組織の機能構築、エイジングケアまでサポート。
  • 天然ビタミンE配合することにより、肌サイクルのサポートをより強力にしています。

 

あごの黒ずみをケアする成分をぎゅっと凝縮し、美白をサポート

 

部位別大人ニキビ

ピサボロール、水溶性プラセンタ、V,C,エチル、加水分解コメヌカエキスをぎゅっと凝縮することで、忙しい女性のために、あご・フェイスラインのニキビケア・肌ケアだけでなく、肌の美しさ・白さにとって天敵である“黒ずみ”をケアし、美白までもサポート(メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)してしまう。

 

 

 

 

3つのケア成分が凹凸ニキビ跡をケア

 

繰り返しニキビ以上に、やっかいなのが凸凹のニキビ跡。
メルラインは、化粧では隠し切れずに目立つニキビ跡をケアする成分まで配合。
保湿はもちろんのこと、ハリを補う水溶性コラーゲンが、お肌を整え、ハリ・引き締めを実現。
紫外線によるコラーゲン破壊をカバーしてくれるヒメフロウエキスと、コラーゲンを増やしてくれるスターフルーツ葉エキスが、あなたの肌を守ってくれます。

 

部位別大人ニキビ

 

敏感肌も安心刺激ゼロの5つのフリー

 

あご・フェイスラインは、肌の中でも特にデリケートな部位であるからこそのこだわりで、徹底した低刺激のジェルを実現。
乾燥肌・敏感肌・混合肌の人も安心してケア使用できます。

 

フェイスラインの引き締め

 

  • お肌を整え、ハリを補う「水溶性コラーゲン」をリッチに配合。
  • たるんだあごやフェイスラインを引き締めてハリをもたらすことで小顔の実現に貢献。

 

アロマオイル配合で肌だけでなく心も美しくリフレッシュ

 

  • メルラインはアロマ「ティー・トリー」を配合。
  • シャープで清潔感のある香りは、深いリラックス効果が期待できます。

 

メルラインをおすすめの人

 

  • あご・フェイスラインニキビ専用スキンケアをお探しの人
  • 保湿成分にこだわりプルプルお肌をお望みの人
  • お肌を整え、ハリ・引き締めを期待する人
  • 乾燥肌・敏感肌・混合肌の人
  • アロマオイル配合でリラックス効果を望む人

 

部位別大人ニキビ


 




ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ニキビケアランキング ニキビ跡ケア 人気記事